野球

福永聖(大阪市立大)は彦根東出身のドラフト候補!帰国子女?進路や身長体重は?

福永聖 大阪市立大

大阪市立大学ドラフト候補福永聖(ふくながさとし)選手

身長181cm体重87kgの恵まれた体格を持つ外野手です。

ホームスチールを成功させるほどの俊足に加え、プロのピッチャーからホームランを打つパワーも兼ね備えています。

さらに進学校彦根東出身帰国子女で、日常生活では困ることないくらいに英語がペラペラだそうです。

まさに文武両道と言ったところですね!

福永聖のプロフィール

名前:福永 聖(ふくなが さとし)
生年月日:1998年6月3日
出身:滋賀県湖南市
身長:181cm
体重:87kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:湖南市立日枝中学校→彦根東高校→大阪市立大学

福永聖の小中学時代

福永聖選手3歳から小学3年生までアメリカのアリゾナ州で過ごしました。

中学時代は硬式野球チーム・大津瀬田レイカーズでプレー。

中学3年の時にはボーイズ春季全国大会に出場し、ベスト4まで進んでいます。

福永聖の高校時代

中学卒業後は彦根東高校に進学。

彦根東高校は毎年、東大や京大に進学する生徒がいる県立の進学校です。

野球も強く、甲子園にも夏2回、春4回出場しています。

文武両道の福永聖選手にふさわしい学校ですね。

福永聖選手2年秋からライトのレギュラーを獲得。

3年夏の滋賀県大会では1番打者として、11打数6安打2打点、打率.545の好成績で3回戦まで進出しました。

福永聖の大学時代

高校卒業後は大阪市立大学工学部都市学科に進学します。

大学では1年秋からライトのレギュラーを獲得。

主に2番打者としてリーグ戦に出場し、46打数12安打3打点、打率.261、8盗塁の活躍で、24年ぶりの優勝を達成しました。

続く神宮代表決定戦では試合は敗れたもののホームスチールを含む2盗塁を記録し、注目を集めました。


翌2年春のリーグ戦から1番打者としてチームを引っ張ります。

2年春には52打数18安打6打点、打率.346の好成績でベストナインを受賞。

3年8月の阪神2軍戦では、阪神の牧丈一郎投手からレフトへホームランを放っています。

福永聖のプレースタイル

福永聖選手俊足強打の外野手です。

チームでは主に一番打者としてプレーしていますが、パンチ力もあり、リーグ戦通算3本のホームランを記録しています。

50メートル5秒8の俊足を活かした積極的な走塁が持ち味。

また、守備にも定評があり、1年秋はライト、2年時はセンター、3年時は再びライトを守っています。

福永聖の進路

福永聖選手はチームメイトの塘本武司投手とともにプロ志望届を提出する予定です。

塘本武司投手についてはこちらを→塘本武司(大阪市立大)は公立大に在籍するドラフト候補!成長のきっかけとなったBCSとは?

福永聖のまとめ

福永聖選手と塘本投手がプロ入りを果たせば、大阪市立大学初のプロ野球選手となります。

2人とも指名が確実というレベルではありませんが、
4年秋のリーグ戦でスカウトに最後のアピールをして、プロ入りを勝ち取ってほしいですね!