野球

加藤廉(東海大海洋学部)は島田工業出身のドラフト候補!進路や身長体重は?

加藤廉 東海大海洋学部

東海大海洋学部ドラフト候補加藤廉選手。

走・攻・守の3拍子揃ったショートです。

全国的には無名ながらも複数のプロ野球チームから注目されており、大卒でのプロ入りを目指しています。

加藤廉のプロフィール

名前:加藤 廉(かとう れん)
生年月日:1999年1月12日
出身:静岡県島田市
身長:180cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート兼ライト
家族:両親、兄、双子の弟
血液型:O型
経歴:島田市立五和小学校→島田市立金谷中学校→静岡県立島田工業高校→東海大海洋学部

加藤廉の小中学時代

加藤廉選手小学2年生から五和クラブ軟式野球を始めました。

中学時代は小笠浜岡リトルシニアでプレー。

小笠浜岡リトルシニア2学年上には広島の桒原樹選手がいました。

加藤廉選手は桒原選手のことを
「中学の時から雰囲気が違った。スイングも守備も良い」
と、同じ左打ちのショートとして目標としています。

加藤廉の高校時代

中学卒業後は地元の島田工業に進学します。

高校では1年生からベンチ入り。

2年夏の静岡県大会にはセカンドのレギュラーとして出場。

打順もクリーナップを任され、13打数4安打2打点、打率308の成績で3回戦まで進出しました。

3年夏の静岡県大会には4番・ショートで出場。

初戦の浜松西高校戦では3打数0安打に抑えられ、チームも7回コールド1対10で敗れています。

加藤廉の大学時代

大学進学時には県外の大学からも誘われた加藤廉選手ですが、
「高2の冬に練習参加して環境が良かった」
と、静岡市にある東海大海洋学部へ進学しました。

大学では1年生からベンチ入り。

2年春のリーグ戦にはライト、センター、サードとして12試合に出場し、
38打数13安打、打点8、打率.342の好成績で新人賞を受賞しました。

2年秋のリーグ戦ではショートライトでスタメン出場。

3年春からショートのレギュラーに定着すると、
打率.213ながらもリーグ1位の3本のホームランを記録し、18シーズンぶりの優勝に貢献しました。

大学の同期には島田工業からチームメイトのプロ注目右腕・孕石幸寛投手らがいます。

加藤廉のプレースタイル

加藤廉選手左打ちのプロ注目ショートです。

中距離ヒッタータイプで、高校通算10本塁打大学通算4本塁打を記録。

東海大海洋学部の手塚慎太郎監督は
「打撃、小技、肩、足とそろっている選手」
と、加藤廉選手の実力を高く評価しています。

また、一塁到達3秒98を計測する俊足で、3年秋のリーグ戦では14試合で6盗塁を記録しています。

遠投115メートル。

加藤廉の進路

当初、加藤廉選手は、大学卒業後は社会人で野球を続ける予定でしたが、
「今年の春前にプロのスカウトが見に来て、意識するようになりました」
と、プロ入りに方向転換しています。

加藤廉のまとめ

加藤廉選手は4年秋のリーグ戦では、視察に訪れたロッテスカウトの前でホームランを放つなど結果を残しています。

プロ入りに関して
「育成でも、どんな形でもいいからプロへ行きたいです」
と話されていますので、育成までなら指名の可能性は十分あると思いますね!