野球

西濱勇星(関東学園大附)は日本一を経験したドラフト候補のピッチャー!進路や球速球種は?

西濱勇星 関東学園大附

関東学園大附高校ドラフト候補西濱勇星投手。

メジャー流のトレーニングを取り入れ、高校3年間で39km/hの大幅な球速アップを果たしたプロ注目のピッチャーです。

小学2年生の時には日本一を達成しています。

ただし、日本一になったのは野球ではなく、「バトルスピリッツ」というカードゲームですが。

それでもすごいことには変わりありませんね!

次は野球で日本一?

あるいは、日本代表やメジャー入りして世界一を狙うのでしょうか?

西濱勇星投手はそんな期待を抱かせる将来性抜群のピッチャーです。

西濱勇星のプロフィール

名前:西濱 勇星(にしはま ゆうせい)
出身:群馬県太田市
身長:180cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:太田市立綿打中学校→関東学園大学附属高校

西濱勇星の小中学時代

西濱勇星投手小学2年生「バトルスピリッツ」日本一を達成した後、小学3年生から野球を始めました。



中学時代は本庄ボーイズに所属。

卒業後は関東学園大学附属高校に進学します。

西濱勇星の高校時代

関東学園大学附属高校群馬県館林市にある私立の学校です。

OBには東北楽天の岡島豪郎選手らがいます。

西濱勇星とレジースミスベースボールジャパン

西濱勇星投手の高校入学時の球速は107km/hしかありませんでした。

しかし、1年夏に『レジースミスベースボールジャパン』YouTubeにアップした「ハンターグリーン投手のスローイング・プログラム」を見て、自身のピッチングに取り入れます。

すると、わずか2か月間27km/h球速アップに成功!

さらに、その後、実際に個人レッスンを受けることで、146km/hを記録するまでに成長しました。


『レジースミスベースボールジャパン』とは、メジャーリーグ流のトレーニング法を教えたり、トレーニングギアを販売したりしている会社ですね。

現役のプロ野球選手も利用されたりしています。

レジースミスベースボールジャパンHP
https://www.rsbc.jp/


西濱勇星投手は高校では2年夏の群馬県大会からベンチ入り。

2回戦・館林商工戦リリーフで登板し、2回0安打無失点に抑えています。

その後、西濱勇星投手の登板機会は無く、
チームは準決勝で井上温大投手(現・巨人)のいた前橋商業延長12回2対3サヨナラで敗れています。

井上温大投手についてはこちらを→井上温大(前橋商)群馬ナンバー1サウスポーのドラフト評価は?球速球種も!

背番10を付けて臨んだ2年秋の群馬県大会では1回戦リリーフ登板しましたが、
アウト2つしか取れず、さらにホームランを打たれてコールド負け。

3年夏の群馬県大会では背番号1を付け、1回戦前橋工業戦初先発を果たします。

西濱勇星投手自己最速の146km/hを記録したものの、6回途中4失点。

チームも4対6で敗れています。

西濱勇星のプレースタイル

西濱勇星投手は急成長中の本格派のピッチャーです。

ストレート最速は146km/h。

変化球縦スライダー、チェンジアップなど。

高校での実績は少なめ。

西濱勇星の進路

高校卒業後、西濱勇星投手は独立リーグのBCリーグでプレーする予定です。

「1年で結果を残し、150キロを出して、NPBに行きたい」
と話されています。

西濱勇星投手BCリーグでプレーすることを希望していますが、
今年のドラフトで指名される可能性は十分あります。

その場合はどうされるんでしょうね?

西濱勇星のまとめ

『レジースミスベースボールジャパン』の提唱するメジャー流のトレーニングはただ球速が速くなるだけではなく、ケガをする可能性も減らせるそうです。

西濱勇星投手にはプロでいっぱい活躍して、もっと日本にメジャー流のトレーニングを広めるきっかけとなってほしいですね!

こちらは西濱勇星投手も使っているトレニーングギアです。↓