野球

誉田貴之(福岡工大城東)はドラフト候補のキャッチャー!進路や名前の読みは?身長体重は?

誉田貴之 福岡工大城東

福岡工大城東ドラフト候補誉田貴之選手。

プロ注目の強肩強打のキャッチャーです。

名字の“誉田”「ほんだ」と読みます。

ちなみに私は初見で「ほまれだ」と読んでしまいました。

そのような読み方もあるみたいですが、失礼しました。

誉田貴之選手は、すでにプロ志望届を提出済で、高卒でのプロ入りを目指しています。

誉田貴之のプロフィール

名前:誉田 貴之(ほんだ たかゆき)
出身:福岡県
身長:177cm
体重:73kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー

誉田貴之の中学時代

中学時代、誉田貴之選手筑紫エンデバーズで硬式野球をプレー。

卒業後は、福岡工大城東高校に進学します。

誉田貴之の高校時代

福岡工大城東高校夏2回、春3回、甲子園に出場したことがある私立の学校です。

OBには阪神・梅野隆太郎選手、広島の安部友裕選手ら多数のプロ野球選手がいます。

その他にもお笑い芸人のなかやまきんに君さんも同校のOBですね。



誉田貴之選手1年秋からキャッチャーのレギュラーを獲得。

打順もクリーンナップを任され、1年秋の福岡県大会ではベスト8まで進んでいます。

2年夏の福岡県大会には4番・キャッチャーとして出場。

しかし、16打数3安打4打点、打率.188と打撃が振わず、
5回戦小倉工業延長11回の末、5対6で敗れています。

2年秋の福岡県大会では、準決勝八幡南戦特大のホームランを含む5打数4安打2打点の大活躍!

決勝では福岡第一7対13で敗れたものの九州大会出場を果たしました。


九州大会では初戦沖縄尚学と対戦。

誉田貴之選手4打数0安打に抑えられ、チームも1対2で敗れています。

3年夏の福岡県大会では初戦(2回戦)で昨春のセンバツに出場した筑陽学園12対7で破ると、続く3回戦では昨秋の決勝で敗れた福岡第一と対戦。

福岡第一には誉田貴之選手と同じくプロ注目のキャッチャー・岸本暖選手がおり、複数のスカウトが視察に訪れました。

誉田貴之選手率いる福岡工大城東高校は、雨のよる3度のノーゲームを経て、4対0で勝利しています。

岸本暖選手についてはこちらを→岸本暖(福岡第一)は強肩強打のキャッチャー!兄もドラフト候補だった?進路は?

誉田貴之のプレースタイル

誉田貴之選手は攻守の両方でプロから注目されているキャッチャーです。

特にキャッチングの良さと、捕ってからの速さから、守備面で高い評価を得ています。

バッティングは下級生時代までは、ややパワー不足と見られていましたが、昨秋の福岡大会準決勝特大のホームランを放ち、評価を覆しました。

 

二塁送球1.8秒。

誉田貴之の進路

誉田貴之選手高卒でのプロ入りを希望しています。

誉田貴之のスカウト評価

巨人・武田康スカウト
「打撃も良くなっている。捕手としてもキャッチングが上手だし、捕ってからも早くてセンスを感じる」

誉田貴之のまとめ

誉田貴之選手はドラフトではボーダーライン上の選手です。

今後は8月末に行われる「プロ志望高校生合同練習会」で実力をアピールしていくことになります。

いい結果を残して、プロ入りを果たしてほしいですね!

プロ志望高校生合同練習会(西日本会場)の参加選手や放送予定は?