野球

和田泰征(習志野)はドラフト注目の強打者!進路や中学時代は?身長体重は?

和田泰征 習志野

習志野高校ドラフト候補和田泰征選手。

身長185cm体重80kgの恵まれた体格を持つ左の強打者です。

名門・習志野高校で1年春から主力として活躍し、甲子園にも2度出場。

2年秋まではサードとしてプレーしていましたが、3年夏にはキャッチャーとして出場しています。

和田泰征のプロフィール

名前:和田 泰征(わだ たいせい)
出身:東京都江戸川区
身長:185cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:サード兼キャッチャー
経歴:江戸川区立春江小学校→江戸川区立春江中学校→習志野高校

和田泰征の小中学時代

和田泰征選手は小学生から椿パワーズ軟式野球を始めました。

中学時代は市川ボーイズに所属。

市川ボーイズのチームメイトには習志野高校でも一緒にプレーしている山内翔太投手らがいました。

当時の和田泰征選手は全国大会への出場もなく、特筆する成績は残していません。

和田泰征の高校時代

中学卒業後は千葉県にある習志野高校に進学します。

和田泰征選手は高校では入学直後の1年春からベンチ入り。

1年春の関東大会では全2試合5番・サードで出場し、ベスト8入りに貢献しました。

1年夏の西千葉県大会控えとしてベスト4を経験。


1年秋からはサードのレギュラーとして活躍します。

1年秋には千葉県大会2位、関東大会ベスト4に入り、10年ぶり4度目のセンバツ出場を達成しました。

2年春センバツでは5試合中4試合サードスタメン出場。

13打数1安打0打点、打率.077と不本意な成績ながら、創部初の準優勝を果たしています。

また、星稜高校との2回戦ではサイン盗み疑惑が起こり、物議を醸しましたね。


ちなみに和田泰征選手はこの試合には出場していませんでした。
 
2年夏の千葉県大会では15打数6安打3打点、打率.400、ホームラン1本の活躍で、2季連続の甲子園出場。

2年夏の甲子園では全2試合6番・サードでスタメン出場し、7打数2安打2打点、ツーベース2本の成績を残しています。


2年秋の新チームからは主に1番打者としてチームを引っ張ります。

2年秋の千葉県大会優勝し、関東大会に進みましたが、関東大会2回戦敗退で、翌春のセンバツ出場を逃しました。

和田泰征選手とキャッチャー転向

2年秋の関東大会終了後、和田泰征選手はそれまで経験したことのなかったキャッチャーにコンバートされます。

このキャッチャー転向はプロ入りを意識したもので、
和田泰征選手
「捕手も三塁手もできることを売りにしたい」
とコメントされています。

キャッチャーとして出場した3年夏の千葉県大会は、地区トーナメントで市立船橋5回コールド2対12で敗退。

習志野高校は和田泰征選手が2年生の春から、千葉県内公式戦では21連勝中でしたから、この敗戦はちょっとびっくりでしたね。

高校の同期のチームメイトには角田勇斗選手、櫻井亨佑選手らがいます。

和田泰征のプレースタイル

和田泰征選手はパンチ力が魅力のサード兼キャッチャーです。

ツボに入った時の飛距離はすごいですが、ややバッティングに調子に波のある傾向があります。

遠投90メートル。

50メートル6秒8。

和田泰征の進路

和田泰征選手はとても強いプロ志望の持ち主です。

ただし、2020年の8月22日現在、まだプロ志望届は提出していません。

和田泰征のスカウト評価

ロッテ・榎スカウト
「体もしっかりしてきて、肩が強くキャッチャーとして良くなってきた。経験が浅いから、今後も注目していきたい」

オリックス・早川スカウト
「肩もいいし、打てるキャッチャー」

和田泰征のまとめ

和田泰征選手はキャッチャーとしては経験不足ですし、バッティングも粗さが残っています。

それでも、体も大きいですし、将来は必ずプロで活躍できる選手だと思います。

焦らずじっくり経験を積んで、スケールの大きな選手に成長していってほしいですね!