野球

出村夢太(星稜)はドラフト注目のショート!中学時代や身長体重は?次期主将?

出村夢太 星稜

2021年ドラフト候補出村夢太選手。

名門・星稜高校1年秋からレギュラーを獲得したプロ注目のショートです。

今回は、早くも次期主将とのもある出村夢太選手について調べてみました。

出村夢太のプロフィール

名前:出村 夢太(でむら ゆめた)
出身:富山県射水市
身長:175cm
体重:77kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート兼セカンド
経歴:射水市立作道小学校→星稜中学校→星稜高校

出村夢太の名前

出村夢太選手“夢太(ゆめた)”という名前は
「太く強く、しっかり夢を持って欲しい」
との想いを込めて名付けられました。

出村夢太の中学時代

小学校から野球を始めた出村夢太選手は、中学からは石川県にある星稜中学に進学します。

高校では寮生活をしていますが、中学時代電車自転車を乗り継ぎ、往復約2時間かけて富山の実家から通っていました。

中学時代には主に2番・サード兼ピッチャーとして活躍。

2年生の時には全国制覇を達成していますが、その時には決勝のマウンドにも上がっています。

3年時には主将を務め、全国大会ベスト8を経験しました。

出村夢太の高校時代

高校では1年夏の石川県大会背番号20ベンチ入り。

1打数1安打0打点、ツーベースを1本の成績を残しましたが、
続く甲子園大会では、無念のベンチ外でした。

1年秋からは、それまでショートを守っていた1学年上の内山壮真選手がキャッチャーに転向したことにともない、ショートのレギュラーとして試合に出場します。

1年秋の石川県大会を制して臨んだ秋季北信越大会では、
16打数7安打3打点、打率.438の活躍で優勝に貢献しました。


高校の同期のチームメイトには中田達也選手、黒川怜遠選手らがいます。

出村夢太のプレースタイル

出村夢太選手は攻守に存在感をみせるショートです。

打撃センスに優れ、アナの少ないバッティングが持ち味。

その一方、ツボにはまったときは1発長打もあります。

1年生の時は下位打線を任されることが多かったですが、足も速く、タイプ的には1番バッタータイプです。

ショートの守備は軽快で、スローイングにも安定感があります。

1年秋の公式戦ではノーエラーでした。

出村夢太のまとめ

今後、ますますの活躍が期待される出村夢太選手。

星稜高校が甲子園で初優勝を果たすのは出村夢太選手が最終学年を迎える2021年かもしれませんね!