野球

戸丸泰吾(健大高崎)は主将でキャッチャーのドラフト候補!父もすごい?進路や身長体重は?

戸丸泰吾 健大高崎

健大高崎ドラフト候補戸丸泰吾選手。

今年の高校野球界を代表する強肩キャッチャーです。

中学時代はNOMOジャパンに選ばれ、アメリカ遠征を経験。

このまま行くと高校でも日本代表に選ばれる可能性は高いですね!

高校では2年生の秋主将としてチームを引っ張り、関東大会優勝を達成しています。

戸丸泰吾のプロフィール

名前:戸丸 泰吾(とまる しんご)
生年月日:2002年4月16日
出身:群馬県藤岡市
身長:175cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:ナースリー保育園→藤岡市立平井小学校→藤岡市立西中学校→高崎健康福祉大高崎

戸丸泰吾の父

戸丸泰吾の父・宏さんは、若い頃、社会人野球でプレーしていました。

ポジションはピッチャー。

戸丸泰吾選手から
「腕を振るスポーツをやりなさい」
と言われ、小学生の頃、はよくバドミントンで遊んでいました。

また、
「ラケットを振り抜いた時、小指が上を向くと、シャトルがきれいに飛ぶ」
と教えてくれました。

その後、戸丸泰吾選手はその教えが野球のスローイングにつながるものだと知り、たいそう驚いたそうです。

戸丸泰吾の小学時代

戸丸泰吾選手ナースリー保育園年長から野球を始めました。

小学校時代平井ベアーズでプレー。

小学3年生からキャッチャーを始めました。

戸丸泰吾の中学時代

中学時代、戸丸泰吾選手高崎ボーイズに所属。

チームメイトには健大高崎でもバッテリーを組んでいる下慎之介投手がおり、ともに下級生時代から主力として活躍!

中学2年生の夏にはクラブチーム日本一を争うジャイアンツカップに出場し、ベスト8入りを果たしています。

下慎之介投手についてはこちらを→下慎之介(健大高崎)は西武が注目するドラフト候補!名前の由来は?

また、戸丸泰吾選手3年時にはNOMOジャパンに選出され、アメリカ遠征を経験しています。

NOMOジャパンではこちらも健大高崎でバッテリーを組むことになる橋本拳汰投手、朝井優太投手と一緒にプレーしていました。

橋本拳汰投手についてはこちらを→橋本拳汰(健大高崎)はダルビッシュに例えられる長身投手!テレビ出演についても!

戸丸泰吾の高校時代

中学卒業後は、健大高崎高校に進学。

高校では1年秋からベンチ入り。

2年秋の新チームからは主将に就任します。

秋の群馬県大会3位に入り、地元開催の関東大会に出場すると、
13打数5安打1打点、打率.385の活躍で優勝に貢献しました。

さらに各地区の優勝チームが集まった明治神宮大会でも準優勝を果たしています。

戸丸泰吾のプレースタイル

戸丸泰吾選手二塁送球1秒79をマークする強肩キャッチャーです。

中学時代からバッテリーを組む下投手は
「言われた通りに投げているだけです。でも、実際にこうやって抑えているので、すごく考えてくれているんだな」
戸丸泰吾選手のリードに絶大な信頼を寄せています。

打順は下位を任されることが多いですが、勝負所でホームランを打てるだけの力もあります。

学童野球、ボーイズ、高校主将を務めてきたリーダシップも魅力。

目標とする選手は阿部慎之助巨人二軍監督。

遠投95メートル。

50メートル走6秒3。

戸丸泰吾の進路

戸丸泰吾選手は、まだ高校卒業後の進路に関してあきらかにされていません。

キャッチャーという経験が必要なポジションだけに、大学か社会人で経験を積んでから、プロを目指す可能性が高いのではないでしょうか?

戸丸泰吾選手の進路に関して、何か分かりましたら、追記しますね。

戸丸泰吾のまとめ

健大高崎関東大会優勝、明治神宮大会準優勝と好成績を残していただけに、春、夏の甲子園中止は残念でなりません。

戸丸泰吾選手には甲子園を舞台にした交流試合で活躍して、次のステージに進んでいってほしいですね!