野球

秋山恭平(広島新庄)は2021ドラフト注目投手!進路や身長体重は?球種球速は?

秋山恭平 広島新庄

広島新庄2021年ドラフト候補秋山恭平投手。

身長170cmと小柄ながらノビのあるストレートが武器の左ピッチャーです。

中学時代は日本代表にも選ばれ、U-15ワールドカップに出場。

ワールドカップでは南アフリカ戦は先発し、3回までで10奪三振という、とてつもない記録を樹立していました。

高校に入ってからも1年生から主力として活躍し、
1年秋には広島県大会優勝&中国大会ベスト4入りに貢献しています。

秋山恭平のプロフィール

名前:秋山 恭平(あきやま きょうへい)
生年月日:2003年5月3日
出身:福岡県
身長:170cm
体重:65kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:久留米市立明星中学校→広島新庄高校

秋山恭平の小中学時代

秋山恭平投手は友達に誘われたことがきっかけで、9歳から野球を始めました。

中学時代は筑後サザンホークスに所属。

中学3年生の時には日本代表に選出され、 U-15ワールドカップに出場しています。

U-15ワールドカップでは3試合に登板。

先発した南アフリカ戦では、3回までアウトを全て三振で奪い、振り逃げを含め、10奪三振という好投を見せていました。

秋山恭平の高校時代

中学卒業後、秋山恭平投手
「左投手を育てるのが上手な学校に行きたい」
と親元を離れ、広島新庄高校に進学します。

広島新庄は巨人の田口麗斗投手、日本ハムの堀瑞輝投手、JX-ENEOSの山岡就也投手ら左投手の育成に定評があるチームです。

山岡就也投手についてはこちらを山岡就也(國學院→JX-ENEOS)兄は山岡泰輔?ドラフト候補の経歴は?

高校では1年生からベンチ入り。

1年夏の広島県大会ではリリーフ2試合に登板。

チームは準々決勝で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。


2年秋からは背番号10ながらもエース格として活躍!

秋季広島県大会では初戦から準決勝までの全試合先発し、優勝に貢献しました。

続く中国大会では全3試合を一人で投げ抜き、ベスト4入り。

中国大会初戦八頭戦では
「打者を見たら真っすぐで抑えられると思った」
と、ほぼストレートだけで12個の三振を奪うという、とても1年生とは思えないピッチングを披露していました。


高校の同期のチームメイトには、1年生からショートのレギュラーとして活躍している瀬尾秀太選手らがいます。

秋山恭平のプレースタイル

秋山恭平投手最速137km/hを投げる本格派のサウスポーです。

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップなど。

特にブレーキのきいたチェンジアップは精度も高く、本人も一番自信を持っています。

テンポ○で、守備が守りやすいリズムの良いピッチングが持ち味。

投げるのはですが、鉛筆右手を使います。

目標とする選手はシアトル・マリナーズの菊池雄星投手、ソフトバンクの和田毅投手。

50メートル走6秒5。

秋山恭平の進路

秋山恭平投手はまだ2年生のため、卒業後の進路に関してはわかっていません。

ちなみに将来の夢プロ野球選手
好きな球団ソフトバンクです。

秋山恭平投手の進路に関しては何か分かりましたら、追記しますね。

秋山恭平のまとめ

秋山恭平投手高校での目標は、甲子園に出場することと、U-15に続いてU-18日本代表に選ばれることです。

このまま順調に行けば、秋山恭平投手が来年の日本代表に選ばれる可能性は高いと思います。

まずは、甲子園での高校野球交流戦で、いいピッチングを見せて、“広島新庄に秋山恭平あり”ということを全国に知らしめてほしいですね!