辰己涼介(立命館大)ドラフト候補の特徴は?出身小学中学高校も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

大学2年生から日本代表に選ばれている立命館大学の辰己涼介選手。
50m5秒8の俊足遠投120mの強肩と身体能力が高いアスリートタイプの選手です。
また、本人がアピールポイントとして、
「体がひょろいわりには遠くまで飛ばせるところ」
と言うとおり、細身の体格ながら長打力もあります。

そんな大学野球界を代表する辰己選手についてまとめてみました。

 

名前:辰己涼介(たつみ りょうすけ)
生年月日:1996年12月27日
出身:兵庫県神戸市
身長:180cm
体重:70kg
投打:右投げ左打ち
憧れの選手:イチロー
血液型:A型
経歴:神戸市立藤原台小学校→神戸市立有野中学校→社高校→立命館大学

 

巨人戦のテレビ中継を見たのがきっかけで、小学1年生から「神戸北リトルシニア」野球を始めました。
小学3年生から6年生は「大淀ボーイズ」でプレー。
中学時代は、「神戸三田ドジャース」に所属し、投手、遊撃手、外野手としてプレーしていました。

高校は、杜高校に進学。
高校では1年夏に投手から外野手に転向します。
また、野球を始めた時からずっとスイッチヒッターでしたが、高校に入ってから、指導者の勧めで左打ちに専念するようになりました。
辰己選手のように身体能力が高く、運動神経もいい選手というものは何でもできてしまう反面、器用貧乏になってしまう恐れもあります。

もしかしたら、そのあたりを考慮して、外野手や左打ちに専念させたのかもしれませんね。
その成果もあってか、2年夏からレフトでレギュラーを獲ります。

3年夏の兵庫県大会では優勝校・神戸国際大附に敗れ、ベスト4に終わります。
高校3年間で、甲子園出場はかないませんでした。
辰己選手の高校通算ホームラン20本

高校時代のチームメイトには平内翔太投手(関西大学)がいました。
高校時代は、どちらかというと辰己選手よりも、平内投手のほうが注目度は上でした。

スポンサードリンク

高校卒業後は、立命館大学に進学。
大学では1年春の関西学生野球リーグ戦の途中に、「1番・ライト」としてスタメン出場すると2安打1盗塁の活躍。
翌日の試合も満塁本塁打を放つなど、2安打でチームの勝利に大きく貢献し、以後、レギュラーの座を不動のものとしています。
全国大会にも、1年春、秋、2年春とすでに3回も出場しています。

 

○大学2年生から日本代表
辰己選手の大学入学時の目標が
「2年生までに日本代表に入る!」
でした。
見事、有言実行して、2年生から日本代表の常連です。

2年生の時の「日米大学野球」では、151km/hのストレートをバックスクリーンへホームランを放つなどの活躍を見せています。
3年生の時には、「日米大学野球」、に加えて、「ユニバーシアード大会」にもレギュラーとして出場。
世界一に貢献しています。

 

辰己涼介選手の野球を始めた時からの目標は
「プロ野球選手になること」
中学時代から、木製バットで練習するなど常にプロを意識して、野球に取り組んできました。
小学生の頃からの夢が叶うまであともう少しです。
大学最後の1年は、ケガ無く、更なるパワーアップをして、プロの世界に入ってほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ