野球

阿部剣友(札幌大谷)はドラフト注目のピッチャー!進路や球種球速は?身長体重についても!

阿部剣友 札幌大谷

今年のドラフトでは馬場正平投手(ジャイアント馬場)以来、半世紀以上ぶりに身長2メートル台のプロ野球選手が誕生しそうです!

候補はなんと3人もいますが、今回はその中から札幌大谷高校阿部剣友投手についてまとめてみました。
※残りの2人については後述。

阿部剣友投手最速142km/hを投げる左投げのピッチャーです。

2年生の春には甲子園にも出場し、2回戦では先発を任されていましたね。

当時の身長は197cmでしたが、その後も伸び続け、今では2メートルの大台に到達しています。

阿部剣友のプロフィール

名前:阿部 剣友(あべ けんゆう)
生年月日:2002年5月17日
出身:北海道北斗市
身長:200cm
体重:98kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:北斗市立大野小学校→北斗市立大野中学校→札幌大谷高校

阿部剣友の小中学時代

阿部剣友投手小学3年生から大野少年ダイヤ軟式野球を始めました。

中学時代は軟式野球部に所属。

中学3年の夏には全道大会ベスト4入りを果たしています。

阿部剣友の高校時代

中学卒業後は札幌大谷高校に進学。

高校では慣れない硬式球で5月左肩を痛めてしまいました。

それでも、故障が癒えた1年秋からベンチ入り。

秋季北海道大会札幌地区予選1回戦で6回から登板すると、1イニングを無安打2奪三振に抑え、公式戦デビューを果たしました。

チームが北海道大会を制して臨んだ明治神宮大会では、準々決勝国士舘戦では先発も経験。

わずか1イ二ングだけでしたが、無失点に抑え、勝利に貢献しました。


チームはその勢いのまま初の全国制覇を達成しています。

翌2年春センバツでも2回戦で先発を任されました。

この時は強打の明豊高校相手に3回0/32安打0四球1失点とまずまずの成績を残しましたが、チームは1対2で惜しくも敗れています。


2年夏南北海道大会は、駒大苫小牧高校3対5で敗れ、1回戦敗退。

2年秋の新チームからはエースの座を獲得するも、
3試合13回1/3を投げ、7失点と結果を残せず、準々決勝で敗れています。

阿部剣友のプレースタイル

阿部剣友投手2メートルの長身から投げ下ろされる角度あるボールが武器のサウスポーです。

コントールにはバラツキが見られますが、スカウトからは将来性を高く評価されています。

ストレート最速142km/h。

変化球スライダー、フォークなど。

遠投100m。

 

阿部剣友の進路

阿部剣友投手は3年生になるまでは大学進学か、高卒でプロを目指すか、迷っていました。

しかし、今年の自粛期間中高卒でプロを目指すことを決心しています。

阿部剣友のスカウト評価

オリックス・佐藤真一スカウト
「右打者の内角への球など人にないものを持っている」

日本ハム・白井康勝スカウト
「去年からフォームもボールも成長している。大きいを超えて、いないタイプ。いいいものを持っているし、もっと見たい」

阿部剣友のまとめ

今年のドラフト候補には阿部剣友投手以外にも、二松学舎大附の二刀流・秋広優人選手、早稲田大学のサウスポー・今西拓弥投手と身長2メートル台の選手が2人もいます。

その中でも将来性に関しては阿部剣友投手が一番だと思います。

高校での実績が少ないため、もしかしたら、育成指名になるかもしれませんが、じっくりと鍛錬を積んで、スケールの大きなピッチャーに成長していってほしいですね!


秋広優人選手についてはこちらを→秋広優人(二松学舎大附)は二刀流のドラフト候補!兄もすごい?中学時代は?

今西拓弥投手についてはこちらを→今西拓弥(早稲田大)は広陵出身の超大型投手!ドラフト候補に急成長!