奥川恭伸(星稜)球種や球速やコントロールは?出身小学中学校も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

星稜の北信越大会準優勝に貢献した1年生エース奥川恭伸投手。
高1にして、すでに最速146km/hのストレートを投げる将来がとても楽しみな投手です。
※追記 2年夏の甲子園一回戦で150km/hを記録!
 中学生時代には、全国大会優勝も経験しています。
星稜は来年のセンバツ出場も確実ですので、奥川投手はこれからどんどん注目を集めそうです。

 

名前:奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)
出身:石川県かほく市
身長:181cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
経歴:かほく市立宇ノ気小学校→かほく市立宇ノ気中学校→星稜

 

奥川投手は、小学生から野球を始ました。
中学では学校の軟式野球部でプレーし、中学3年の夏に「全国中学校軟式大会」で全国大会優勝を達成しています。

高校は星高校に進学。
1年春からベンチ入り。
1年秋の石川県大会から清水力斗投手の後を受けて、エースを務めると県大会優勝を果します。

 

○北信越大会
続く北信越大会では3試合全てに先発します。
1回戦の北陸戦は、投手戦となりますが、被安打7 、奪三振10、四球0という好投で、1対0完封勝利。
準決勝・富山国附戦では、3安打に抑え、7回コールド完封勝ち。
更にこの試合では、これまでの最速を2km/h更新する自己最速の146km/hを計測しています。
決勝では、日本航空石川に敗れてしまいます

スポンサードリンク

○1年生バッテリー
奥川投手とバッテリーを組んでいるのは、同じ1年生の山瀬慎之助捕手です。
2人は、かほく市立宇ノ気小学校の4年生の時からバッテリーを組んでいます。
中学3年生の時には奥川投手がエースで、山瀬選手が4番打者として、全国優勝を成し遂げました。
「高校でも日本一になって、将来はプロ野球選手になりたい」
とそろって星稜に進学しました。

星稜は2018年春の甲子園出場を確実なものとしていて、
奥川投手は「2人で甲子園の舞台に立てたらと思っていた」
山瀬選手は「素直にうれしい。奥川と星稜に来てよかった」
と共に喜びを分かち合っています。

 

○特徴
常にセットポジションから投げ、最速146km/h150km/h(追記2018.8.5)のストレートとスライダーツーシームなどの変化球を使ってバッターを打ち取ります。
北信越大会では、疲れから打ち込まれて敗れた決勝を除けば、1試合平均11.25の三振を奪っていますし、与四死球率0.90コントロールもいいです。

更に石川県大会と北信越大会合わせて、8試合中7試合いで先発を務め、5完投3完封を記録していますので、スタミナもありそうですね。
1年生なのに欠点らしい欠点が見当たらないです。

奥川恭伸投手は
「この冬でもっともっと進化して、全国のバッターと戦いたい」
と話しています。
2018年のセンバツで見られるのが今から楽しみですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ぷるぷる
    • 2018年 4月1日

    正しくは星稜ですよ
    TVでもよく間違われますが、のぎへんです。

      • sportsbrothers
      • 2018年 4月1日

      これはうっかりしておりました。
      ご指摘、ありがとうございました。

アーカイブ