野球

布施心海(明豊)はドラフト候補の外野手!名前の読み方や進路は?身長体重は?

布施心海 明豊

明豊高校ドラフト候補布施心海選手。

名前の「心海」「しんかい」と読みます。

確実性にパンチ力を併せ持った強打の外野手です。

2年秋の公式戦では10試合で4本の本塁打を記録し、九州大会優勝を達成しています。

※追記 高校卒業後はJR東海入社!

布施心海のプロフィール

名前:布施心海(ふせ しんかい)
生年月日:2002年8月31日
出身:大阪府豊中市
身長:173cm
体重:68kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:豊中市立豊中第一中学校→明豊高校→JR東海

布施心海の小中学時代

布施心海選手小学1年生から豊中リトルで野球を始めました。

豊中リトルの3学年上には大阪桐蔭で主将を務めた福井章吾選手(現・慶應大学)がいました。

布施心海選手小学1年生の頃、練習に行きたくないと泣いていた時には、福井選手が家まで呼びに来てくれたこともあったそうです。


もしかしたら、福井選手がいなければ、現在の布施心海選手はいなかったかもしれませんね。

中学時代は豊中シニアに所属。

中学3年生の時にはサードのレギュラーとして、リトルシニア全国選抜野球大会に出場し、3回戦まで進んでいます。

布施心海の高校時代

中学卒業後は大分県にある明豊高校に進学します。

高校では1年生からセカンド兼ファーストとして試合に出場。

1年秋からはレフトを守り、秋の公式戦32打数13安打14打点、打率.406、ホームラン1本の活躍で、大分県大会優勝&九州大会準優勝に貢献しました。

翌春のセンバツでは全4試合3番打者(ポジションはレフト、センターを2試合ずつ)で出場し、17打数4安打2打点、打率.235の成績で高校初のベスト4入りを果たしています。

初戦の横浜高校戦では及川雅貴投手(現・阪神)からタイムリーヒットを放っていましたね。


春夏連続出場が期待された2年夏の大分県大会ベスト4敗退。

2年秋の公式戦では42打数18安打14打点、打率.429、ホームラン4本の大活躍で、
大分県大会優勝&九州大会優勝を達成しました。

布施心海のプレースタイル

布施心海選手は力強いスイングが持ち味の外野手です。

鋭い打球は、明豊OBの今宮健太選手(現・福岡ソフトバンク)を彷彿させると言われています。

2年秋までで高校通算26本塁打を記録。

好きな野球選手は明豊の2学年上の先輩でもあるヤクルト・濱田太貴選手。

布施心海選手は1年生の時に濱田選手からミートポイントのアドバイスを受け、飛躍のきっかけとしています。

50メートル走6秒2。 

布施心海の進路

布施心海選手は高校卒業後の進路に関しては、まだ明らかにされていません。

憧れの濱田選手のように高校からプロを目指すのでしょうか?

それとも、小学生の頃、お世話になった福井選手のように大学へ進学するのでしょうか?

布施心海選手の進路に関しては何か分かりましたら、改めて追記させていただきますね。

布施心海のまとめ

今年の明豊高校は、布施心海選手以外にも若杉晟汰投手、狭間大暉選手、居谷匠真選手らスター選手ぞろいで、甲子園でも優勝が狙えるチームだっただけに、春のセンバツ、夏の選手権中止は本当に残念でなりません。

せめて、甲子園交流試合で明豊高校の強さを全国に見せつけてから、次のステージへと進んでいってほしいですね!


若杉晟汰投手についてはこちらを→若杉晟汰(明豊)は九州ナンバー1サウスポーのイケメンドラフト候補!名前の読みは?


狭間大暉選手についてはこちらを→狭間大暉(明豊)は二刀流のドラフト候補!日本一のためのキーマン!