野球

曽我幸大(日向学院)はドラフト候補のキャッチャー!進路や身長体重は?

曽我幸大 日向学院

日向学院ドラフト候補曽我幸大選手。

県内屈指の進学校に所属する頭脳明晰な強肩強打のキャッチャーです。

すでにプロ志望届を提出済で、高卒でのプロ入りを目指しています。

曽我幸大のプロフィール

名前:曽我 幸大(そが ゆきひろ)
生年月日:2002年6月8日
出身:宮崎県日向市
身長:176cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:日向市立塩見小学校→日向学院中学校→日向学院高校

曽我幸大の小中学時代

曽我幸大選手は小学生から宮崎スターズで野球を始めました。

中学からは中高一貫の進学校・日向学院中学・高校に進学します。

中学時代は軟式野球部に所属していました。

曽我幸大の高校時代

日向学院春夏一度ずつ甲子園に出場したことがある私立の学校です。

県内屈指の進学校であるため平日の練習時間は2時間までに決められています。

曽我幸大選手は高校では1年夏からキャッチャーのレギュラーを獲得。

2年夏の宮崎県大会では、全3試合1番・キャッチャーで出場。

2回戦聖心ウルスラ学園戦ではサヨナラホームランを放つなど
13打数8安打5打点、打率.615、2本塁打の好成績で3回戦まで進出しました。



2年秋の新チームからは主将に就任。

野球部監督が、遠征先で酒を飲んだ状態で部員に暴力をふるったとして7カ月謹慎処分を受けるという逆境の中で、
チームをまとめ、秋の宮崎県大会ではベスト8入りを果たしています。

都城東と対戦した3回戦では、今年のドラフト注目選手の有馬太玖登投手から、
ホームラン2本を含む3打数3安打と打ちまくり、スカウトからの評価を急上昇させました。

有馬太玖登投手についてはこちらを→有馬太玖登(都城東)はドラフト候補のピッチャー!進路は?球種球速や身長体重は?

曽我幸大のプレースタイル

曽我幸大選手身長176cm体重85kgのガッチリした体格のキャッチャーです。

打球が高校生とは思えないくらい速く、あっという間に外野の間を抜けていきます。

高校通算16本塁打。

遠投100メートル強肩で、二塁送球タイム1秒9を記録しています。

50メートル走6秒3。

曽我幸大の進路

曽我幸大選手はすでにプロ志望届を提出しています。

日向学院は国立大学や東京や大阪などの有名私立大に進学するのが当たり前の進学校ということもあり、曽我幸大選手も初めは大学に進学することを考えていました。

しかし、スカウトが自分を見に来てくれた、という話を聞くようになり、
2年生の11月頃から、次第に高卒でプロへ行きたいと思う気持ちが強くなっていきました。

曽我幸大のまとめ

曽我幸大選手バッティングだけならば、ドラフト指名は間違いなしというレベルです。

ただし、キャッチャーとしてはもう一息といったところです。

もしかしたら、プロではキャッチャー以外のポジションを守ることもあるかもしれませんね。

本来のポジションはキャッチャーながらも、打力を活かしてファーストと外野で出場し、
今年ブレイクしているソフトバンクの栗原陵矢選手みたいになりそうな気がしますね。