野球

桑原秀侍(神村学園)は二刀流のドラフト候補!プロではピッチャー?野手?進路は?

桑原秀侍 神村学園

神村学園ドラフト候補桑原秀侍選手。

ピッチャーとしては最速149km/hを投げ、打者として高校通算17本塁打を記録している二刀流選手です。

中学時代にはボーイズ日本代表の主将として世界一を経験!

高校では2年生から中心選手として活躍し、夏の鹿児島県大会2連覇を達成しています。

桑原秀侍のプロフィール

名前:桑原秀侍(くわはら しゅうじ)
生年月日:2002年5月29日
出身:熊本県熊本市
身長:175cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手兼内外野手
経歴:熊本市立泉ヶ丘小学校→熊本市立湖東中学校→神村学園

桑原秀侍の小中学時代

桑原秀侍選手小学3年生から中島サンダーズで野球を始めました。

中学時代は熊本中央ボーイズに所属。

熊本中央ボーイズの同期のチームメイトには牛島希選手(現・九州学院)や津田啓史選手(現・横浜)らがおり、ともに主力として活躍!

中学3年生の時にはボーイズ日本代表に選出され、世界大会に出場。

主将としてチームを引っ張り、世界一を達成しました。

高校進学の際には、大阪桐蔭など多くの強豪校から誘いを受けましたが、
最終的には、鹿児島県にある神村学園に進学しました。

桑原秀侍の高校時代

桑原秀侍選手は高校では1年生の秋からベンチ入り。

1年秋鹿児島県大会では決勝先発し、8回1/3を無失点に抑えるなどの活躍で優勝に貢献しました。

九州大会でも初戦北陵戦先発します。

投げては5回4安打3四死球3失点、
打っては3打数2安打3打点の活躍で、7回コールド12対4勝利!


続く準々決勝大分高校戦では出場はなく、チームは8回コールド1対8で敗れています。

2年夏の鹿児島県大会では4番・レフト兼ピッチャーとして出場。

投げては、2試合8回1/3を投げ、3失点、
打っては、20打数7安打2打点、打率.350の活躍で、2年ぶりの優勝を達成しました。

甲子園では全2試合に4番・レフトで出場。

1回戦の佐賀北高校戦では3打数2安打1打点、1四球の活躍で、7対2で勝利!

2回戦の高岡商業戦では3打数0安打に終わり、3対4で敗れています。

2年秋の鹿児島県大会3回戦敗退。

3年夏の鹿児島県大会には背番号1を付け、ピッチャー兼ショートで出場します。

ピッチャーとしては1回戦で8回参考ながらノーヒットノーランを達成!

野手としては大会通算4本塁打の活躍で、2年連続の優勝を成し遂げました。

桑原秀侍のプレースタイル

桑原秀侍選手投打の両方でプロから注目されている二刀流選手です。

ピッチャーとしては最速149km/hを記録する本格派。

変化球スライダー、カットボール、カーブなど。

 

野手としては長打力ミート力を兼ね備えた好打者。

高校通算17本塁打を記録。

投げない時はショート、あるいはレフトで出場しています。

桑原秀侍の進路

桑原秀侍選手高卒でのプロ入りに前向きで、プロ志望届を提出する見込みです。

父・宏侍さんによると桑原秀侍選手の性格
「負けず嫌いで、火がつくと闘志むき出しになる」
とのこと。

プロ向きの性格ですね!

中学時代のチームメイトの牛島希選手(現・九州学院)もプロ志望届を提出する予定だそうですから、2人そろってのプロ入りが期待されます。

牛島希(九州学院)は俊足強打のドラフト候補!父と兄もすごい?身長や体重は?

桑原秀侍のスカウト評価

オリックス縞田スカウト
「(本塁打は)詰まった感じだったが腕っ節の強さがある。あそこまでは力がないと飛ばない。投手としても打者としても、魅力がある。能力が高く楽しみです」

桑原秀侍のまとめ

投打の両方でプロから注目されている桑原秀侍選手ですが、身長175cmとそれほど上背がないことから、おそらくプロでは野手としてプレーすることになると思います。

ソフトバンクの今宮健太選手のようにバッティングでも守備でもチームの勝利に貢献できるショートになりそうな気がしますね!