野球

白石陸(智辯学園)は主将で広島ファンのドラフト候補!進路は?身長や体重は?

白石陸 智辯学園

智弁学園ドラフト候補白石陸選手

高校トップレベルの強肩バットコントロールを持つ外野手です。

2年秋から主将としてチームを引っ張り、奈良県の独自大会優勝を目指しています。

白石陸のプロフィール

名前:白石 陸(しらいし りく)
出身:広島県呉市
身長:174cm
体重:70kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:呉市立横路中学校→智辯学園

白石陸の中学時代

中学校時代、白石陸選手府中広島’2000に所属。

下級生の頃から主力として活躍し、全国大会にも出場しています。


高校進学時には広島の強豪校からの誘いもありましたが、
自分に甘えを許さないように県外に出て勝負しよう、と決意。

自分のプレーを動画に撮って、智辯学園小坂将商監督に送り、同校に入学しました。

白石陸の高校時代

高校では2年春の近畿大会で公式戦デビュー。

初戦智辯和歌山戦代打でタイムリーヒットを放つと、
続く準決勝近江戦では6番・ライトでスタメン出場。

試合は2対3サヨナラで敗れたものの、白石陸選手4打数3安打の活躍をみせ、注目を集めました。

2年夏の奈良県大会には全5試合5番・ライトで出場。

16打数5安打6打点、打率.313、ホームラン2本の好成績で優勝に貢献しました。

甲子園では初戦(2回戦)八戸学院光星と対戦。

4打数0安打2三振と結果を残せず、チームも8対10で敗れています。


2年秋の新チームからは主将に主任。

奈良県大会を制して、近畿大会に進むと、
13打数7安打7打点、打率.538の大活躍で、2季連続のベスト4入りを果たしました。 

白石陸のプレースタイル

白石陸選手勝負強いバッティングが持ち味の外野手です。

1番打者を務めながらも、2年秋の公式戦では8試合で13打点を記録!

50m6秒0の俊足に加え、遠投115m非常に高い身体能力の持ち主です。

憧れの選手は元イチロー選手。

白石陸の進路

白石陸選手高校卒業後の進路に関してはまだ明らかにされていません。

進路については何か分かりましたら、追記しますね。

ちなみに白石陸選手地元・広島カープのファンです。

白石陸選手の好きな言葉は「今、ここ、自分」。

カープで活躍した広瀬純さんの息子中学時代のチームメートにおり、広瀬さんのグローブにこの言葉が刺しゅうされているのを見て以来、座右の銘としています。

白石陸のまとめ

主将としてきつい練習も率先してこなしていきた白石陸選手でしたが、夏の選手権大会中止を受け、心が折れそうになった時期もあったそうです。

それでも、現在は立ち直り、奈良県の独自大会優勝と、甲子園の交流戦勝利を目指して、練習に励んでいます。


受け入れがたい出来事を乗り越えて、精神的たくましさを手に入れた白石陸選手。

今後の活躍に注目していきたいですね!