選抜高校野球2018!出場校や21世紀枠は?抽選会や大会日程も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

2018年は第90回大会という節目の大会にあたり、通常より4校多い36校が出場できます。
今大会からタイブレークも導入も決まっていて、例年より注目を浴びる大会となりそうです。
注目選手についてはこちらを→選抜高校野球2018!注目選手!投手や野手は?

 

・日程
選考2018年1月26日(金)
組み合わせ抽選会 2018年3月16日(金)
試合日程2018年3月23日(金)~

 

・代表校予想
北海道:1校
◎駒大苫小牧(北海道)
秋の北海道大会優勝ですので確実

 

東北:3校
◎聖光学院(福島)東北大会優勝
◎花巻東(岩手)東北大会準優勝
○日大山形(山形)東北大会ベスト4
△能代松陽(秋田)東北大会ベスト4
秋の東北大会で優勝した聖光学院と準優勝花巻東確実
能代松陽は東北大会準決勝で聖光学院に大差で敗れているのがマイナス要素なので、3校目は日大山形優位
ただ、能代松陽は秋田県大会で優勝、日大山形は山形県3位なので、能代松陽にも可能性がありそうです。
 
関東+東京:6校
関東から4校、東京から1校+残りは東京か関東から1校が選ばれます。
◎明秀日立(茨城)関東大会優勝
◎中央学院(千葉)関東大会準優勝
◎東海大相模(神奈川)関東大会ベスト4
◎慶應義塾(神奈川)関東大会ベスト4
◎日大三(東京)秋季東京都大会優勝
秋の関東大会ベスト4のチームと秋の東京大会優勝日大三高は確実。
最後の1校が難しい。

○健大高崎(群馬)関東大会ベスト8 群馬県1位
○國學院栃木(栃木)関東大会ベスト8 栃木県1位
○佼成学園(東京)東京都準優勝
△霞ヶ浦(茨城)関東大会ベスト8 茨城県2位
△作新学院(栃木)関東大会ベスト8 栃木県2位
この中で、作新学院は栃木県2位なので、國學院栃木1位に比べて不利。
霞ヶ浦も同じ茨城県の明秀日立が当確なので、バランス的に同じ県から2校選ばれる可能性は低いので不利。
健大高崎國學院栃木佼成学園の中なら、関東大会で準優勝の明秀日立に接戦で負けている健大高崎若干有利でしょうか。

 

東海:3校
◎静岡(静岡)東海大会優勝
◎東邦(愛知)東海大会準優勝
△中京学院大中京(岐阜)東海大会ベスト4
△三重(三重)東海大会ベスト4
決勝を戦った静岡東邦確実
中京学院大中京三重はどちらも県大会では優勝していて甲乙つけがたいですが、三重の方が、準決勝で東邦相手に負けはしたものの、8回裏までリードしていたので、僅かに有利ではないでしょうか。

 

北信越:3校
◎日本航空石川(石川)北信越大会優勝
◎星稜(石川)北信越大会準優勝
○富山商(富山)北信越大会ベスト4 富山県1位
△富山国際大付(富山)北信越大会ベスト4 富山2位
日本航空石川星稜確実
最後の1校は、富山商(富山)と富山国際大付(富山)の争いですが、富山県大会で優勝している富山商が有利です。

スポンサードリンク

近畿:6校
◎大阪桐蔭(大阪)近畿大会優勝
◎智辯和歌山(和歌山)近畿大会準優勝
◎乙訓(京都)近畿大会ベスト4
◎近江(滋賀)近畿大会ベスト4
○智辯学園(奈良)近畿大会ベスト8 奈良1位
△法隆寺国際(奈良)近畿大会ベスト8 奈良3位
△彦根東(滋賀)近畿大会ベスト8 滋賀3位
△近大附(大阪)近畿大会ベスト8 大阪3位
近畿大会ベスト4までのチームは確実
残りはベスト8に残ったチームから4校から2校ですが、その中では、奈良県大会優勝している智辯学園(奈良)有利
残り3校はいずれも県大会3位です。
彦根東(滋賀)が準々決勝で接戦で負けているので、僅かに有利ではないでしょうか。

 

中国:3校
◎おかやま山陽(岡山)中国大会優勝
◎下関国際(山口)中国大会準優勝
○瀬戸内(広島3位)中国大会ベスト4 広島3位
△尾道(広島4位)中国大会ベスト4 広島4位
おかやま山陽下関国際確実
中国大会ベスト4の瀬戸内尾道はどちらも広島の高校ですが、広島県大会で3位のぶん瀬戸内有利

 

四国:3校+明治神宮枠1校
◎明徳義塾(高知)四国大会優勝
◎英明(香川)四国大会準優勝
◎松山聖陵(愛媛)四国大会ベスト4
◎高松商(香川)四国大会ベスト4
四国地区は、明徳義塾が明治神宮大会で優勝したので、明治神宮枠1校プラスされ、4校出場できます。
秋季四国大会のベスト4が順当に選出されるでしょう。

 

九州:4校
◎創成館(長崎)九州大会優勝
◎富島(宮崎)九州大会準優勝
◎東筑(福岡)九州大会ベスト4
◎延岡学園(宮崎)九州大会ベスト4
九州地区も4校選出ですので、秋季九州大会のベスト4が選出されるはずです。

 

21世紀枠:3校
21世紀枠に関しては、こちらの記事を→21世紀枠有力候補校2018!

 

激戦区だけあって、関東+東京の6校目と近畿の6校目が予想が難しかったです。
果たして、来年の1月26日に甲子園出場決定!の吉報が届けられるのはどのチームになるのでしょうか?
今から、とても楽しみです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ