野球

加藤優弥(金沢龍谷)はサイドスローのドラフト候補!進路は?球種球速や身長は?

加藤優弥 金沢龍谷

金沢龍谷高校ドラフト候補加藤優弥投手。

背番号11ながら、複数のプロチームから注目されているサイドスローのピッチャーです。

2年秋までは平凡なオーバースローのピッチャーでしたが、元プロのコーチの助言でサイドスローに転向すると、才能が開花!

ストレートは最速150km/hをマークするまでになり、一躍、今秋のドラフトの有力候補になっています。

加藤優弥のプロフィール

名前:加藤 優弥(かとう ゆうや)
出身:愛知県清須市
身長:175cm
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:金沢龍谷高校

加藤優弥の中学時代

中学時代、加藤優弥投手津ボーイズに所属。

津ボーイズの1学年上には前佑囲斗投手(津田学園→オリックスバッファローズ)らがいました。

加藤優弥の高校時代

中学卒業後は、石川県にある金沢龍谷高校に進学。

金沢龍谷高校は甲子園出場経験こそはありませんが、近年、力を付けてきている私立の学校です。

OBには元楽天の山本大明さんがいます。

加藤優弥投手2年秋まではオーバースローの控え投手としてプレー。

2年夏の石川県大会では2回戦・小松工業戦公式戦初先発を果たしますが、2回途中1失点で降板。


チームは勝利し、ベスト8まで進んでいますが、以後、加藤優弥投手の登板はありませんでした。

2年秋石川県大会には外野手として出場。

初戦小松高校ではリリーフでマウンドにも上がりましたが、
1死しか取れず3点を奪われ、ノックアウト。
チームも3対13で敗れています。

フォーム改造

金沢龍谷高校の青山監督によるとオーバースロー時代の加藤優弥投手
「球速は140キロを超えて制球も良かったが、マシンのような縦回転で打たれやすかった」
と言います。

そこで、加藤優弥投手2年秋の大会終了後に、投手コーチの田村勤さんのアドバイスの下、サイドスローに挑戦しました。

田村さんは元阪神のピッチャーで、現役時代、左のサイドスローとして通算54セーブを挙げています。

このサイドスロー転向がぴたりとはまり、腕を下げてからは
「ほとんど打たれなくなった」
と言っています。

さらにコロナウイルスの影響による休校期間中には、愛知県清須市の実家で、家族を担いで立てなくなるまでスクワットをこなすなど、筋力強化を徹底。

4月下旬から6月1日の間に体重5キロの増量に成功しました。

その結果、休校明け最初の練習試合で自己最速の146km/hを出すと、
7月2日の金沢学院大学との練習試合では、プロ野球スカウトのスピードガンで150m/hを連発!

一躍、ドラフト候補に名乗りを挙げました。


高校の同期のチームメイトには最速148km/h を投げるエースの川崎翔陽投手らがいます。

加藤優弥のプレースタイル

加藤優弥投手最速150km/hを投げるサイドスローのピッチャーです。

変化球縦のスライダー、小さく曲がるスライダー、シンカーなど。

サイドスロー特有のシュートするストレートも武器です。

加藤優弥のスカウト評価

中日・音スカウト
「(加藤について)ランナーがいない時は常時140キロ台中盤が出るし、球に力がある。シンカーなど変化球も一通り投げられて器用。楽しみな投手で注目している」

加藤優弥の進路

加藤優弥投手は高校卒業後の進路に関して
「プロになりたいけど、まずはこのチームで頂点に」
と言っており、まだ明言はされていません。

今は3年夏の石川県大会中ですからね。

進路に関して、明らかにするのは大会終了後ではないでしょうか。

何か分かりましたら、その時に追記しますね。

加藤優弥のまとめ

加藤優弥投手がプロから注目されるようなピッチャーになったのは3年夏からと遅めです。

そのため、公式戦での実績、経験ともに不足しています。

3年夏の石川県大会で結果を残して、自信を付けてからプロ入りを果たしてほしいですね!