野球

中野拓夢(三菱自動車岡崎)の東北福祉大/日大山形での成績は?ドラフト指名はある?

中野拓夢 三菱自動車岡崎

三菱自動車岡崎ドラフト候補中野拓夢選手。

今年の“社会人ナンバー1”との呼び声も高いショートです。

日大山形時代には甲子園ベスト4東北福祉大学時代には大学野球選手権大会で日本一を経験している実績のある選手です。

しかし、正直、地味、いわゆる玄人好みの選手で、目立つタイプではなくドラフト候補に名前があることはほとんどありませんでした。

それでも、社会人では以前から評価の高かった守備だけではなくバッティングでもチームに貢献できるようになり、1年目から日本代表にも選ばれるなどの活躍を続けています。

中野拓夢のプロフィール

名前:中野 拓夢(なかの たくむ)
生年月日:1996年6月28日
出身:山形県天童市
身長:172cm
体重:68kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート兼セカンド
経歴:天童市立第二中学校→日大山形高校→東北福祉大学→三菱自動車岡崎

中野拓夢の中学時代

中学時代、中野拓夢選手山形シニアでプレー。

卒業後は日大山形に進学しました。

中野拓夢の高校時代

高校では2年生からセカンドレギュラーを獲得します。

1学年上には奥村展征選手(現・ヤクルト)がおり、二遊間コンビを形成していました。

2年夏の山形県大会では19打数6安打5打点、打率.316の成績で優勝に貢献!

続く甲子園では全4試合に2番・セカンドで出場し、県勢初のベスト4入りを果たしています。

2年秋の新チームからは主将に就任にするとともにショートを守ります。

2年秋には山形県大会準優勝東北大会ベスト8。

3年夏の山形県大会準決勝敗退でした。

中野拓夢の大学時代

高校卒業後は東北福祉大学に進学します。

大学では1年春からショートとして試合に出場。

4年春からは2学年下の元山飛優選手にポジションを譲り、セカンドに移りますが、
そのセカンド春秋連続ベストナイン受賞しています。

元山飛優(東北福祉大学)は大学日本代表のドラフト候補!彼女がヤンキー? 東北福祉大学のドラフト候補・元山飛優選手。 大学球界屈指の強肩強打のショートです。 高校時代から甲子園に2度出場し注目を集め...

全国大会には春3回、秋1回出場。

4年春大学野球選手権大会では15打数5安打2打点、打率.333の活躍で14年ぶりの日本一を達成しました。

中野拓夢の社会人時代

大学卒業後は三菱自動車岡崎に入社。

三菱自動車岡崎では前年にプロ入りした山野辺翔選手の後釜として1年目からショートのレギュラーとして試合に出場します。

1年目日本選手権大会では全4試合3番・ショートで出場。

19打数8安打4打点、打率.421の活躍で、24大会ぶりのベスト4入りに貢献しました。

この活躍が認められ、12月には社会人日本代表入り。

台湾で行われたアジアウインターベースボールリーグ(AWB)では、70打数26安打9打点、打率.371の活躍で初優勝を達成しました。

中野拓夢のプレースタイル

中野拓夢選手守備力ミート力に優れたショートです。

1発長打は少ないものの確実性の高いバッティングで、チームでは主に2、3番打者を任されています。

大学入学後は東北福祉大学の大塚光二監督のアドバイスで、一時期はスイッチヒッターにも挑戦していた時期もありましたが、現在は左打ちに専念。

広い守備範囲安定したスローイングを武器に、ショートとセカンドを守ります。

中野拓夢のまとめ

今年の大学社会人のドラフト候補には明治安田生命の高瀬雄大選手、國學院大学の小川龍成選手、亜細亜大学の矢野雅哉選手らすばらしいショートがたくさんいます。

その中でプロでも即戦力に近いのは中野拓夢選手ではないでしょうか?

今年のドラフトでは上位で指名されてもおかしくない選手だと思いますね!