室屋成(FC東京)彼女は木村愛?イケメン日本代表は青森山田高校卒!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

2016年のリオデジャネイロ・オリンピックには、レギュラーとして出場したFC東京の室屋成選手。
U-17の頃から、年代別の日本代表の常連でもある世代を代表するサイドバックの選手です。

そろそろ、年齢制限の無いA代表から呼ばれてもおかしくはない時期ではないでしょうか?

 

名前:室屋 成(むろや せい)
生年月日:1994年4月5日
出身:大阪府泉南郡熊取町
身長:176cm
体重:68kg
背番号:2
経歴:ゼッセル熊取FCジュニア→ゼッセル熊取FCJrユース→青森山田高校→明治大学→FC東京

 

室屋選手は、5歳の時に兄の影響でサッカーを始めました。
小学生の頃は、「ゼッセル熊取FCジュニア」に所属。
チームメイトには、現在オーストリアのザルツブルクで活躍中の南野拓実選手がいました。
同じ年の二人は、お互いの実家が自転車で約5分で行けるという距離の幼なじみで、
「拓実と初めて会ったのは幼稚園の頃。兄貴同士が同い年で、ゼッセルで一緒に練習している傍らで、親に連れていかれた僕ら2人もよくボールを蹴ったり、鬼ごっこしたりしていました。」
と、仲が良かったようです。

中学卒業時には、南野選手は「セレッソ大阪U-15」へ進みますが、室屋選手はセレッソのセレクションに落ち、「ゼッセル熊取FCJrユース」に進みます。
中学時代には、「セレッソ大阪U-15」と「ゼッセル熊取FCJrユース」で試合をしたことがありました。
その試合では、南野選手は途中から出てきて、ハットトリックを決めています。

室屋選手は、ハットトリックをやられた瞬間、
「物凄い差がついたな」
と愕然とし、サッカー辞めようと思うくらいのショックを受けました。
しかし逆に、グングン成長している拓実を見て、自分も頑張らないといけないという思いも湧いたそうです。

高校卒業時には、高校サッカーの名門・青森山田高校に進学。
高校の2年先輩には、日本代表の柴崎岳選手がいました。

高校2年の時、それまではトップ下やボランチでプレーしていましたが、サイドバックに転向します。
その転向が大成功で、日本高校選抜U-17日本代表に選ばれるほどのサイドバックへと成長しました。

日本高校選抜では、「デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会」で初優勝。
U-17では、「FIFA U-17ワールドカップ」では南野選手とともにベスト8入りに大きく貢献しました。
ちなみにこのベスト8というのは中田英寿や宮本恒靖が出場した1993年大会以来の快挙でした。

高校卒業時には、清水エスパルスからのオファーを受けていましたが、
「SBとしてのキャリアが浅く長友選手を育てSB育成が上手い明治大学で学びたかったから」
と言う理由で明治大学へ進学しています。

大学3年生の時に、FC東京に特別指定選手として選手登録。
試合出場はなりませんでしたが、プロの厳しい環境の中でもまれることの必要性を感じ、翌年、明治大学サッカー部を退部し、大学には在籍のままFC東京に加入しました。

この年行われた「リオデジャネイロ・オリンピック」では、チームはグループリーグ敗退しましたが、サイドバックとして全3試合にフル出場しています。

スポンサードリンク

○プレースタイル
室屋選手の武器は、圧倒的な運動量とスピード
球際も強く、積極的な攻撃参加も持ち味です。

また、左右どちらのサイドバックでもこなせ、左足でも右足でも精度の高いクロスを上げることができます。
利き足は右ですが、中村俊輔選手も、初めて見た時は左利きと勘違いしたと言います。

 

○長友2世
明治大学→FC東京と言う経歴は、サッカー日本代表の長友選手と同じです。
しかも、ポジションも同じサイドバックですから、「長友2世」と呼ばれることもあります。

このことについて、
「憧れだし真似ていきたい部分もある」
と言いつも、
「サイドバックとしてのタイプは違う」
とコメントされています。

やっぱり、○○2世と言う呼び方は、最初はうれしいかもしれませんが、プロとして活躍し始めたら、○○2世と呼ばれるより、室屋1世と呼ばれたいですよね。

 

○彼女
イケメンとしても有名な室屋選手。
木村愛さんと言う女性と熱愛の噂になったことがあります。

木村愛さんは、室屋選手と同じ年齢で、明治大学の政治経済学部の卒業生です。
政治経済学部ということは、学部も同じですね。
2014年の明治ガールズコレクションのグランプリに輝いた才色兼備の女性で、TBSの『ビジネスクリック』にも出演されていたことがあります。
サッカー好きなようで、日本代表の試合を見に行っているところをSNSでアップされています。

まさに室屋選手のアモーレとしてふさわしい感じの女性ですね。
ただ、本当に付き合っているのか…までは分かりませんでした。

 

高校時代から、代表経験豊富な室屋成選手。
将来は、幼なじみの南野拓実選手や高校の先輩の柴崎岳選手のように、海外移籍もあるかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ