野球

石井聖太(JR東日本)は中央学院大出身のドラフト候補!フォームや球速球種は?

石井聖太 JR東日本

昨年までJR東日本からは2011年以来9年連続ピッチャーのプロ野球選手が誕生しています。

そして、10年連続がかかった2020年のドラフト候補の中で、スカウトからの評価が高いのが、石井聖太投手です。

石井聖太投手大学2年の全国大会では8回一死までパーフェクトの好投を見せ、注目も集めました。

その後、右ひじを故障し、トミー・ジョン手術を経験しましたが、
大卒社会人2年目の今年は再びドラフト候補としての輝きを取り戻しています。

石井聖太のプロフィール

名前:石井 聖太(いしい しょうた)
生年月日:1996年6月5日
出身:千葉県市川市
身長:178cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:市川市立福栄中学校→中央学院高校→中央学院大学→JR東日本

石井聖太の小中学時代

石井聖太投手小学1年生から市川リトルで野球を始めました。

中学時代は、江戸川中央シニアに所属。

中学3年生の時には全国大会でベスト4を経験しています。

ただし、シニア時代の石井聖太投手6番手ピッチャーでした。

石井聖太の高校時代

中学卒業後は中央学院高校に進学。

高校では1年夏から控えとしてベンチ入りします。

2年夏の千葉県大会では背番20ながら主力として活躍!

26回1/3を投げ、6失点、2完投1完封の成績で5回戦まで進みました。

翌3年夏の千葉県大会では背番号1を付けて登板。

先発、リリーフで全6試合に登板し、ベスト8入りに貢献しました。

石井聖太の大学時代

高校卒業後は、系列の中央学院大学に進学。

大学では1年春からリーグ戦登板します。

2年春には先発2番手として3勝1敗、防御率0.96の活躍で、12シーズンぶりの優勝を達成!

個人でもMVP、ベストナイン、最多奪三振を受賞しました。


続く大学選手権では初戦第一工業大学戦先発します。

石井聖太投手8回一死まで完全試合ペース、結局ヒット2本を打たれたものの、毎回の14奪三振完封という好投を見せ、一躍注目を集めました。


しかし、準々決勝東海大北海道戦でも先発した石井聖太投手でしたが、ひじ痛を発症し、1イニングを投げただけで降板・・・。

チームは創部初の決勝進出を果たしましたが、石井聖太投手は準決勝、決勝では登板できませんでした。

その後、7月トミー・ジョン手術を受けています。

4年時リリーフとして復帰登板を果たしましたが、秋にはプロ志望届を提出せず。

社会人野球の強豪・JR東日本に進みました。

石井聖太の社会人時代

社会人では1年目都市対抗予選ベンチ入り。

秋からは大学2年以来の先発も経験しました。


2年目の6月に行われた巨人3軍との交流戦では先発し、5回無安打無失点に抑える好投を見せています。

石井聖太のプレースタイル

石井聖太投手最速149km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。

テイクバックの小さなフォームからテンポよく投げ込みます。

変化球スライダー、フォーク、カーブなど。

石井聖太のスカウト評価

オリックス・上村スカウト
「スピードガンで最速は142キロだったが、球の質がよく、変化球のコントロールもよかった」

石井聖太のまとめ

2020年のドラフト指名が有力な石井聖太投手ですが、ただ一つ問題点が。

今年のJR東日本には石井聖太投手以外にも、伊藤将司投手須永悦司投手西田光汰投手とドラフト候補のピッチャーがたくさんいます。

社会人チームからドラフトで指名できるピッチャーは基本一人まで
複数のピッチャーを指名する場合には、会社側の許可がいります。

JR東日本の場合、過去に2人のピッチャーが同時に指名されたことがありますが、3人以上ありません。

さすがに一度に3人以上抜けられたら、チームが成り立たなくなってしまいますよね。

石井聖太投手には、まずはチーム内の競争を勝ち抜いて、秋のドラフトを迎えてほしいですね!