野球

小牟田龍宝(青森山田)の名前の読みは?ドラフト指名は?進路や身長体重についても!

小牟田龍宝 青森山田

青森山田ドラフト候補小牟田龍宝投手。

甲子園出場はありませんが、複数のプロ野球チームが注目している本格派のピッチャーです。

名前の“小牟田龍宝”「こむた りゅうほう」と読みます。

「龍の宝」だなんて、なんとなく中日が指名しそうな名前ですね!

実際、小牟田龍宝投手に注目している複数のプロ野球チームの中には中日も入っています。

小牟田龍宝のプロフィール

名前:小牟田 龍宝(こむた りゅうほう)
生年月日:2002年9月24日
出身:東京都足立区
身長:178cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と姉、妹
血液型:O型
経歴:足立区立東伊興小学校→足立区立第十四中学校→青森山田高校

小牟田龍宝の小中学時代

小牟田龍宝投手小学1年生から足立レッドファイヤーズ軟式野球を始めました。

最初はサードで、3年生からピッチャーとしてプレー。

中学時代は東京神宮シニアに所属。

中学2年生の時にはリトルシニア全国選抜野球大会に出場しています。

小牟田龍宝の高校時代

中学卒業後は親元を離れ、青森山田高校に進学。

高校では1年春から控えとしてベンチ入りします。

1年夏の青森県大会ではリリーフ2試合に登板。

合計3イニング無失点に抑え、ベスト4入りに貢献しました。

2年夏の青森県大会では3回戦で優勝した八戸学院光星と対戦。

この大事な試合で小牟田龍宝投手先発を任されましたが、3回3失点と振るわず、1対4で敗れています。


2年秋の青森県大会では背番号1を付けるも、肩を痛めた影響で登板はありませんでした。

チームが優勝して臨んだ東北大会では背番号7を付け、3番・レフトで出場。

準々決勝鶴岡東戦では初回先制スリーランを放つと、逆転された7回途中からリリーフでマウンドに上がります。

小牟田龍宝投手2回1/3を無失点に抑えましたが、試合は5対10ベスト8敗退でした。

小牟田龍宝のプレースタイル

小牟田龍宝投手身長178cm体重82kgのガッチリした体格のピッチャーです。

ストレートの最速は公式戦では146km/hながらも、今年の3月にはブルペン150km/hを記録しています。

変化球スライダー、カットボール、チェンジアップなど。

バッティングも得意で、チームではクリーナップを任されています。

高校通算15本塁打。

遠投120m、50m5秒8高い身体能力の持ち主です。

憧れの選手はソフトバンクの千賀滉大投手。
「“お化けフォーク”ではなく、弾丸のような直球に目が行きます」
とのこと。

小牟田龍宝の進路

小牟田龍宝投手は高校卒業後の進路に関して「プロ1本」高卒でのプロ入りを目指しています。

小牟田龍宝のスカウト評価

中日・八木智哉スカウト
「初回はチェンジアップ、中盤はスライダーを多く投じ、回が進むにつれて直球に力を入れていくなど目的意識が見えた」

ヤクルト・斉藤スカウト
「平均球速も141、2キロ出ていて高校生の中では高い方。真っすぐで押していける良い投手。これからも見ていきたい」

小牟田龍宝のまとめ

青森山田の1学年上には昨年の巨人ドラフト1位の堀田賢慎投手がいます。

小牟田龍宝投手には代替大会で結果を残して、青森山田から2年連続のプロ入りを果たしてほしいですね!