野球

小辻鷹仁(瀬田工)の進路や球速球種は?ドラフト指名はある?身長体重についても!

小辻鷹仁 瀬田工

瀬田工業ドラフト候補小辻鷹仁投手。

甲子園出場経験はありませんが、最速146km/hを投げる本格派のピッチャーです。

高校の先輩である西崎幸広さん以来のプロ入りを目指しています。

小辻鷹仁のプロフィール

名前:小辻 鷹仁(こつじ たかと)
生年月日:2003年2月10日
出身:滋賀県栗東市
身長:181cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親、姉2人、弟
経歴:栗東市立葉山小学校→栗東市立葉山中学校→滋賀県立瀬田工業高校

小辻鷹仁の小中学時代

小辻鷹仁投手小学2年生から葉山ウインズで野球を始めました。

小学5年生からは葉山東スピリッツに移籍。

当時は主にキャッチャーショートとしてプレーしていました。

中学時代大津北シニアに所属し、中学1年生からピッチャーに転向。

3年生の時にはエースとして近畿大会ベスト16まで進んでいます。

小辻鷹仁の高校時代

中学卒業後は瀬田工業に進学。

瀬田工業甲子園に春2回、夏1回出場したことがある県立の学校です。

OBには1986年にドラフト1位で日本ハムに入団した西崎幸広さんがいます。

西崎幸広さんは現役時代には“トレンディエース”と呼ばれ、アイドル的人気を博したピッチャーです。

“トレンディ”という言葉に時代を感じますね。

若い人には、娘でタレントの西崎あやさん、西崎莉麻さんの方が有名かもしれません。

小辻鷹仁投手は高校では1年夏から背番号20でベンチ入り。

2年春の滋賀県大会からエースの座を獲得します。

2年夏の滋賀県大会では全2試合先発。

初戦堅田高校戦3安打10奪三振の好投で完封勝利を記録しましたが、
2回戦では八日市高校3対6完投で敗れています。


2年秋の滋賀県大会では4番・ピッチャーとしてチームを引っ張ります。

3回戦・水口東高校との試合では延長11回6対4完投勝利!

11回表2死満塁のチャンスでは決勝のタイムリーヒットを放っています。

続く準々決勝で隼瀬一樹投手擁する伊香高校と対戦。

隼瀬一樹 伊香
隼瀬一樹(伊香)の進路や父は?ドラフト指名はある?フォーム球速球種についても!伊香高校のドラフト候補・隼瀬一樹投手。 隼瀬一樹投手は最速140km/hのノビのあるストレートを投げる本格派のピッチャーです。 ...

延長12回の末3対4完投で敗れましたが、3年ぶりのベスト8進出を果たしました。

この活躍が認められ、12月には滋賀選抜チーム入り。
オーストラリア遠征に参加し、7回無失点の好投を見せています。

小辻鷹仁のプレースタイル

小辻鷹仁投手将来性を高く評価されている右ピッチャーです。

高校入学時には身長173cm体重65kgと小柄でしたが、
瀬田工業の小椋和也監督の
体を大きくさせないことには私立には勝てない、との考えから、
週末は合宿所に泊まり込みでの食トレ。

さらには睡眠1日10時間取ったことにより、身長181cm体重82kgまで成長しました。

それに伴い入学時最速122km/hだった球速も146km/hまでアップを果たしています。

変化球スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップなど。

また、バッティングも得意で、チームでは4番を任されています。

実は小椋監督は入学当初、小辻鷹仁投手投手よりも野手として期待していたそうです。

遠投110メートル。

50m走6秒4。

小辻鷹仁のスカウト評価

プロスカウト
「体のサイズがあり、軸もしっかりしているところが良い。体をスムーズに使うことができている。フォームがしなやかで柔らかいし、あの腕の高さから、あれだけの直球が投げられるのは面白い。まだフォームに手を加えるべき部分もあるけど、上(プロ、社会人、大学)で鍛えれば、もう一つ上のレベルの投手になれる可能性を秘めている。将来的に150キロを投げられる可能性を持っている」

小辻鷹仁の進路

小辻鷹仁投手第二種電気工事士情報技術検定3級の資格を取得し、昨年まで就職を考えていました。

しかし、今では高校卒業後の進路をプロ一本に絞っています。

すでにプロ志望届は記入済みで、小椋監督に預けてあるそうです。

絶対にプロへ進む!という強い決意が感じられますね!

小辻鷹仁のまとめ

小辻鷹仁投手のは今後の目標として
「夏までに150km/h とキレのいいボールを投げられるようになって、ドラフト上位でプロに行きたいと思っています。3位までには行きたいですね」
と語っています。

プロでも西崎幸広さんのようにエースとして、長く活躍できるピッチャーになってほしいですね!