野球

二俣翔一(磐田東)はキャッチャーのドラフト候補!出身や身長体重は?

二俣翔一 磐田東

磐田東ドラフト候補二俣翔一選手。

複数のプロ野球チームが注目している強肩強打のキャッチャーです。

すでに卒業後の進路については「プロ一本」高卒でのプロ入りを宣言しています。

二俣翔一のプロフィール

名前:二俣 翔一(ふたまた しょういち)
出身:静岡県御前崎市
身長:178cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:御前崎市立浜岡中学校→磐田東高校

二俣翔一の小中学時代

二俣翔一選手小学1年生から黒潮野球スポーツ少年団で野球を始めました。

中学時代は小笠浜岡シニアに所属。

中学卒業後は磐田東高校に進学しました。

二俣翔一の高校時代

磐田東高校は近年、スポーツに力を入れてきている私立の学校です。

甲子園出場はありませんが、OBには中日ドラゴンズの鈴木博志投手や読売ジャイアンツの加藤脩平選手らがいます。


二俣翔一選手は高校では1年生からベンチ入り。

1年夏の静岡県大会には9番・ショートで出場。

初戦(2回戦)浜松開誠館戦3打数1安打1打点の成績を残しましたが、試合は4対6で敗れています。

2年春からはキャッチャーのレギュラーとしてプレー。

2年夏の静岡県大会には3番・キャッチャーで出場し、1回戦沼津商業高校戦3打数2安打を記録し、勝利しました。

続く2回戦では強豪・常葉大菊川高校5対7で敗れています。

2年秋には公式戦では8試合で2本のホームランを放ち、強肩強打のキャッチャーとして注目を集めるようになっていきました。

3年生の4月に行われた浜松修学舎高校との練習試合では、2打席連続本塁打を含む6打数6安打9打点の大活躍!

さらにサイクルヒットも記録し、
視察に訪れていた日本ハム・熊崎誠也スカウトから
「以前は、肩の強さが目立つだけだったが、バットを振れる力がついてきた」
とコメントされていました。

二俣翔一のプレースタイル

二俣翔一選手はプロ注目の強肩強打のキャッチャーです。

西武・森友哉選手を目標に“打てる捕手”を目指しています。

高校通算20本塁打。

遠投120mの強肩で、二塁送球は1.79秒をマーク。

また、ピッチャーとしてもマウンドに上がることもあり、
2年生11月の練習試合では最速144km/hを記録しています。

50m6秒2。

二俣翔一のスカウト評価

日本ハム・熊崎誠也スカウト
「以前は、肩の強さが目立つだけだったが、バットを振れる力がついてきた」

広島・松本有史スカウト
「変化球のタイミングの取り方がうまく、内角への対応の技術もある。(ドラフト指名の)候補に入ってくると思う」

プロスカウト
「捕ってからの速さがある。十分に指名の可能性がある」

二俣翔一のまとめ

3年夏の甲子園および地方大会の中止は本当に残念でしかたがありません。

それでも地方大会の代替開催トライアウトが計画されています。

二俣翔一選手にはそのような限られた機会でスカウトへのアピールを続けていってほしいですね!