野球

早真之介(京都国際)の進路は育成ドラフトでのプロ入り?出身や身長体重は?

早真之介 京都国際

京都国際高校ドラフト候補早真之介選手。

女優の夏木マリを遠戚に持つ早真之介選手は、複数のプロ野球チームが注目している左打ちの外野手です。

1学年上の上野響平選手(日本ハム)に続いての高卒でのプロ入りを目指しています。

早真之介のプロフィール

名前:早 真之介(はや しんのすけ)
出身:滋賀県甲賀市
身長:178cm
体重:78kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:甲賀市立伴谷東小学校→甲賀市立城山中学校→京都国際高校

早真之介の小中学時代

早真之介選手は友達に誘われたことがきっかけで、小学校に入ってすぐに軟式野球を始めました。

最初は左投げ右打ちのピッチャーでしたが、左肩にデッドボールが当たったことがあり、指導者からケガ予防のために勧められて、左打ちに転向しました。

右打ちだとどうしてもデッドボールが左腕に当たりやすいですからね。

ピッチャーをやっていたなら賢明な判断ですね。

中学時代は滋賀野洲ボーイズピッチャー兼外野手としてプレー。

中学卒業後は親元を離れ、京都国際高校に進学しました。

早真之介の高校時代

京都国際高校は甲子園出場経験こそはありませんが、近年力を付けてきている私立の学校です。

OBにはプロ野球選手の曽根海成選手(広島)や上野響平選手らがいます。

早真之介選手は高校では打力を活かして、1年生からレフトのレギュラーを獲得。

1年夏の京都府大会では5試合中3試合で8番・レフトで出場し、ベスト4入りに貢献しました。

1年秋から4番を任されると、京都府大会で準優勝し、チーム初の近畿大会出場を果たします。

近畿大会では初戦明石商業と対戦。

早真之介選手は今年のドラフト1位候補の中森俊介投手らから3本の二塁打を放ちましたが、8回にタイムリーエラーを犯してしまい4対6逆転で敗れてしまいました。

1年生の秋までは練習試合では登板するなど、ピッチャーに未練のあった早真之介選手でしたが、翌春の3月に自ら希望して野手に専念。

2年春の京都府大会には4番ライトで出場し、創部初の優勝を達成しました。


2年夏の京都府大会には直前に左手指骨折してしまったために4回戦から出場。

夏の大会としてはチーム初の決勝進出を果たしましたが、立命館宇治2対3サヨナラで敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

高校の同期のチームメイトにはプロ注目の強打のキャッチャー・釣寿生(つり じゅい)選手らがいます。

早真之介のプレースタイル

早真之介選手天性の打撃センスを持った外野手です。

京都国際高校の小牧憲継監督いわく
「いい投手になればなるほど打つ。勝負どころで強い」

高校通算27本塁打。

遠投100m、ピッチャーとして最速140km/hを記録する強肩です。

50m走6秒2。

早真之介のまとめ

早真之介選手は大学や社会人入りを検討した時期もありましたが、
「今は全く考えていない」
高卒でのプロ入りを目指しています。

小牧監督の客観的評価では
「(ドラフトの)下位か育成(レベル)」
だそうです。

今年のドラフトでは新型コロナウイルスの影響で、どのチームも指名する人数を減らすことが予想されています。

それでも、なんとかスカウトにアピールを続けて、プロ入りを果たしてほしいですね!