野球

北嶋洸太(駒大苫小牧)はピッチャーのドラフト候補!進路や兄は?球種球速についても!

北嶋洸太 駒大苫小牧

今年の北海道地区の3年生には、
全国中学軟式野球大会決勝で完全試合を達成したサウスポー・根本悠楓投手(苫小牧中央)、
4番エースとして2年秋の北海道を制した片山楽生投手(白樺学園)などの好投手がたくさんいます。

その北海道地区で将来性ナンバー1と言われるピッチャーが、駒大苫小牧北嶋洸太投手です。

2年春にはエースとして、全道大会優勝を達成し、注目を集めました。

北嶋洸太のプロフィール

名前:北嶋 洸太(きたじま こうた)
生年月日:2002年8月1日
出身:北海道函館市
身長:174cm
体重:81kg
投打:投げ打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:函館市立磨光小学校→函館市立尾札部中学校→駒大苫小牧高校

北嶋洸太の小中学時代

北嶋洸太投手小学3年生から磨光クラブで野球を始めました。

中学時代は函館東シニアに所属。

北嶋洸太投手は函館東シニアOBの伊藤大海投手(現・苫小牧駒大学)を目標としています。

伊藤大海投手は今年のドラフト1位候補のピッチャーですね。

伊藤大海(苫小牧駒澤大)はドラフト1位候補!駒大中退の理由は?父や実家は?苫小牧駒澤大学のドラフト候補・伊藤大海投手。 最速154km/hを投げる本格派のピッチャーです。 駒澤大学を中退や、それに伴...

北嶋洸太投手5歳上の兄・北嶋凌太さんと伊藤投手が函館東シニア時代のチームメイトであったことから、幼い頃から憧れを持っていたそうです。

今でも北嶋洸太投手と伊藤投手は親交があり、大会前にはアドバイスをもらったりすることもあります。

ちなみに北嶋洸太投手の兄・北嶋凌太さんは、函館大柏稜高校、函館大学と野球をされていました。

しかし、現在は、大学卒業を機に野球は辞められているようです。

北嶋洸太の高校時代

中学卒業後は、伊藤投手の出身校でもある駒大苫小牧高校に進学します。

高校では1年春から控えとしてベンチ入り。

1年秋には右肘剥離骨折を経験しますが、
翌2年春からはエースとしてチームを引っ張ります。

2年春には、地区大会、全道大会合わせて7試合中6試合に登板。

合計46回2/3を投げ、14失点、56奪三振の成績で、2年ぶりの全道大会優勝を達成しました。

決勝・苫小牧工業戦では、9回4安打無四球、12奪三振の好投で、完封勝利を収めています。


2年夏の南北海道大会準決勝で優勝した北照高校4対6で敗れ、ベスト4敗退。

2年秋は室蘭地区大会で敗れています。

北嶋洸太のプレースタイル

北嶋洸太投手身長174cmと上背はないものの、体重81kgガッチリした体格の本格派のピッチャー。

この身長174cm体重81kgというのは、北嶋洸太投手が目標とする伊藤大海投手(176cm80kg)とほぼ同じです。

体格が似ているとフォームなど参考にできることも多いかもしれませんね。

ストレートの最速2年秋に記録した146km/h

変化球スライダー、チェンジアップなど。

特にスライダー驚異の切れ味を誇り、三振を獲るための大きな武器となっています。

北嶋洸太投手の進路

北嶋洸太投手は高校卒業の進路については、まだ明らかにされていません。

奇しくも、憧れの伊藤投手も今年のドラフト候補となっています。

できれば北嶋洸太投手には高卒でのプロ入りを目指してもらって、2人仲良く指名を勝ち取ってほしいですね。

北嶋洸太のまとめ

夏の甲子園2連覇を達成したこともある駒大苫小牧ですが、夏は2007年以来甲子園に出場できていません。

今年の夏はなんとか南北海道大会を制して、甲子園のマウンドに立つ北嶋洸太投手を見てみたいですね!