野球

岡本大翔(米子東)は大型ショートのドラフト候補!進路や身長体重は?

岡本大翔 米子東

米子東ドラフト候補岡本大翔選手。

身長190cm体重92kgの恵まれ体格を持つ強肩強打のショートです。

2年生の時には長らく甲子園から遠ざかっていた米子東春夏連続の甲子園出場に導きました。

米子東県トップクラスの進学校であるため1日の練習時間も限られていますが、
岡本大翔選手はそんな不利な条件の中でも、高卒でのプロ入りを目指しています。

岡本大翔のプロフィール

名前:岡本 大翔(おかもと ひろと)
出身:鳥取県伯耆町
身長:190cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート兼サード
経歴:伯耆町立八郷小学校→伯耆町立岸本中学校→米子東高校

岡本大翔の小中学時代

岡本大翔選手は小学生から八郷少年野球クラブ軟式野球を始めました。

中学時代は米子ボーイズに所属。

主にピッチャーとしてプレーしていました。


中学卒業後は、県外の強豪校に進むことも考えましたが、
結局、地元の進学校・米子東高校一般入試で合格し、進学しました。

岡本大翔選手米子東への進学を志したきっかけは、中学3年の夏に観た米子東の試合だったと言います。

「中学生だった自分が見てもわかるくらい、ひとつひとつのプレーから『野球に対する熱さ』が伝わってきました。最初は初戦だけ見るつもりだったんですが、決勝までの4試合すべて球場で見ました」

BASEBALL GATE

岡本大翔の高校時代

高校では入学直後から、打力を活かしてファーストのレギュラーを獲得。

1年夏の鳥取大会2回戦敗退で終えると、秋からはショートを守ります。

1年秋の公式戦には1番ショートで出場し、31打数10安打4打点、打率.323の活躍で、鳥取大会準優勝&中国大会準優勝!

23年ぶりとなるセンバツ出場に貢献しました。

センバツでは初戦札幌大谷と対戦。

岡本大翔選手4打数0安打と振るわず、チームも1対4で敗れてしまいました。


2年夏の鳥取大会では4番を打ち、15打数9安打6打点、打率.600、ホームラン2本の大活躍で、今度は28年ぶりとなる夏の甲子園出場を達成します。

甲子園では初戦智辯和歌山と対戦。

試合は1対8で敗れたものの、岡本大翔選手は大会終了後に高校日本代表に選出された池田陽佑投手(現・立教大学)から3本のヒットを放ち、注目を集めました。


2年秋の鳥取大会左肩を負傷した影響からサードで出場。(準々決勝敗退)

現在では負傷した左肩もすでに回復し、3年生からは再びショートで出場する予定です。

岡本大翔のプレースタイル

岡本大翔選手身長190cm体重92kg大型内野手です。

フルスイングから飛距離120メートル超ホームランを放つ長打力が魅力!

また、ピッチャーとして最速141km/hを記録する強肩の持ち主でもあります。

50m走6秒7。

岡本大翔のまとめ

岡本大翔選手目標高卒でのプロ入りです。
「以前は『大学に行ってからプロに』と考えていましたが、春のセンバツで初めて全国のレベルを味わったことで、『高卒で行きたい』という気持ちが芽生えました」

岡本大翔選手にはプロでも貴重な大型ショートとして、巨人の坂本勇人選手のような球界を代表する選手へと成長していってほしいですね!