野球

山本一輝(中京大野球部)のフォームや球種や球速は?ドラフト指名の可能性は?

山本一輝 中京大学 野球

中京大学ドラフト候補山本一輝投手。

最速145km/hストレートを投げる左ピッチャーです。

名前の「一輝」「いつき」と読みます。

高校時代は無名も、大学では着実に力をつけ、先発の一角に定着!

2年春の全国大会では2試合で好投を見せ、スカウトから注目される存在となりました。

山本一輝のプロフィール

名前:山本 一輝(やまもと いつき)
生年月日:1998年6月28日
出身:愛知県名古屋市天白区
身長:182cm
体重:83kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:名古屋市立天白小学校→名古屋市立天白中学校→愛知県立東郷高校→中京大学

山本一輝の小中学時代

山本一輝投手は友達から誘われたのがきっかけで、小学3年生からメジャーボーイズ軟式野球を始めました。

中学校では軟式野球部に所属し、ピッチャーとしてプレー。

山本一輝投手は中学時代は目立った成績は残していません。

しかし、同じ左投手で大学までプレーした中山翔監督から、
変化球けん制フィールディングまで徹底して投手の基礎を教わったことが、その後の野球人生に大きかった
と言います。

また、中学3年生まで野球と並行して、空手道場にも通っていました。

山本一輝の高校時代

中学卒業後は東郷高校に進学。

東郷高校愛知郡東郷町にある県立の学校です。

野球はあまり強くありません。

山本一輝投手1年秋からベンチ入り。

3年春からエースとしてチームを引っ張ります。

3年夏愛知県大会では4回戦まで進出。

4回戦では藤嶋健人投手(現・中日)のいた東邦高校と対戦し、
9回を一人で投げ抜きますが、0対9で敗れました。

この年の東邦高校愛知県大会で優勝し、甲子園でもベスト16まで進んでいますから、ちょっと相手が悪かったですね。

山本一輝の大学時代

高校卒業後は中京大学に進学します。

大学では1年春からリーグ戦登板。

2年春のリーグ戦では先発として、3勝0敗、防御率0.67の活躍で、優勝に貢献しました。

続く全日本大学野球選手権では全2試合リリーフで登板。

強豪・富士大学との初戦では3イニングを投げ、無安打無失点、5奪三振の好投を見せ、
「自分の球が全国の舞台で通用した」
と、自分のピッチングに自信を深め、プロ入りを意識するようになりました。


大学の同期のチームメイトにはプロ注目の本格派・初祖晋太郎投手らがいます。

初祖晋太郎 中京大学
初祖晋太郎(中京大)は中京大中京出身のドラフト候補!名前の読みや球種球速は?中京大学のドラフト候補・初祖晋太郎投手。 身長184cm体重88kgの堂々とした体格を持つ本格派のイケメンピッチャーです。 ...

山本一輝のプレースタイル

山本一輝投手球の出どころに見にくいフォームが特徴のサウスポーです。

ストレート最速は145km/hと、ものすごく速いわけではありませんが、球持ちがいいため、回転数が多く、バッターには球速以上の速さを感じさせます。

山本の武器も直球。最速は145キロながら打者を差し込む。その理由は球を離す位置にある。動作解析の結果、プレートから2メートル以上離れていたという。ツインズの前田健太でも1メートル90センチ未満。打者の手元で離す球が威力を発揮し昨年秋は3戦無敗だった。

中日スポーツ

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップなど。

山本一輝のスカウト評価

中日・清水昭信スカウト
「フォームに柔らかさがあり、将来が楽しみ」

山本一輝のまとめ

大卒でのプロ入りを目指す山本一輝投手ですが、
中京大学野球部の監督からは
「実績が圧倒的に足りない」
と言われています。

大学最終学年の今年は再び全国大会で活躍することによって、スカウトの評価を上げていってほしいですね!