野球

中内亮太(東亜大)のフォームや球種球速は?ドラフト指名の可能性は?

中内亮太 東亜大学

東亜大学ドラフト候補中内亮太投手。

身長181cm体重103kgの恵まれた体格から最速151km/hを投げるプロ注目のピッチャーです。

投げすぎが問題になることが多いこの時代に、1日2試合に完投するタフネスさが売り。

大学ではエース兼主将兼寮長としてチームを支えています。

中内亮太のプロフィール

名前:中内 亮太(なかうち りょうた)
出身:奈良県御所市
身長:181cm
体重:103kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:御所市立御所中学校→奈良県立五條高校→東亜大学

中内亮太の中学時代

中学時代、中内亮太投手軟式野球部に所属。

当時からピッチャーとしてプレーしていました。

中内亮太の高校時代

中学卒業後は奈良県立五條高校に進学。

五條高校の野球部は弱くはありませんが、奈良県には智辯学園天理高校という私立2強があるため甲子園に出場したことはありません。

OBには漫画家の楳図かずおさんがいます。

中内亮太投手は高校では1年生からベンチ入り。

2年秋の奈良県大会背番号11ながら、全2試合に先発しています。

強豪・天理高校と対戦した3回戦では、
4安打に抑える好投を見せましたが、味方の援護なく0対1サヨナラで敗れています。

3年生の春からは背番号1を付けて登板。

3年夏の奈良県大会では全3試合24イニングを1人で投げ抜き、ベスト8入りを果たしました。

中内亮太の大学時代

高校卒業後は東亜大学に進学。

東亜大学山口県山口市にある私立の学校です。

OBには元・広島の中東直己さんがいます。

大学では1年生からリーグ戦に登板。

2年春から先発を任されるようなると、先発3連投もいとわず、チームを支えます。

3年秋には4季連続のBクラスを乗り越え、9季ぶりとなる優勝を達成!

中内亮太投手14試合中11試合先発し、7勝2敗、防御率1.21の大活躍で、最多勝ベストナインに輝きました。


続く明治神宮大会中四国代表決定戦では1日2試合先発!

いずれも完投するという離れ業を演じましたが、
四国学院大学1対2広島経済大学3対6で敗れ、惜しくも全国大会出場は逃しました。

中内亮太のプレースタイル

中内亮太投手最速151km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。

変化球スライダー、ツーシーム、カーブ、フォークなど。

ランナーなしの時には返球を受けて10秒程度で投げ込むテンポ〇なピッチングも持ち味。

中内亮太のまとめ

中内亮太投手はぜひ全国大会で見てみたいピッチャーです。

全国大会でいつものピッチングができれば、スカウトの評価も上昇すること間違いなし!

ただ、投げすぎによる怪我だけには気を付けてほしいですね。