野球

緒方理貢(駒澤大)の京都外大西出身のドラフト候補!名前の読みは?

緒方理貢 駒澤大学

駒澤大学ドラフト候補緒方理貢選手。

身体能力に優れ、内外野守れるユーティリティプレーヤーです。

名前の「理貢」「りく」と読みます。

甲子園出場経験はないものの、高校時代からスカウトに将来性を高く評価されていました。

駒澤大学に進学後も1年生からレギュラーとして活躍を続けています。

緒方理貢のプロフィール

名前:緒方 理貢(おがた りく)
生年月日:1998年9月22日
出身:宮崎県国富町
身長:175cm
体重:70kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手兼遊撃手。
経歴:国富町立本庄中学校→京都外大西高等学校→駒澤大学

緒方理貢の小中学時代

緒方理貢選手小学1年生から宮崎西部ボーイズで野球を始めました。

中学時時代も引き続き、宮崎西部ボーイズでプレー。

ピッチャー兼ショートとして活躍し、
中学3年時には九州ブロック代表に選ばれ、鶴岡一人記念大会に出場しています。

緒方理貢の高校時代

中学卒業後は親元を離れ、京都外大西高校に進学。

京都外大西高校2005年の甲子園では準優勝になっている強豪です。

田中将大投手がいた駒大苫小牧2連覇した時の決勝の相手でしたね。

OBには中日ドラゴンズの大野雄大投手らがいます。

緒方理貢選手は入学直後の1年春からベンチ入り。

1年夏の京都府大会には5番レフトで出場。

4打数2安打1四球と結果を残しましたが、チームは初戦敗退でした。

翌2年夏の京都府大会には4番セカンドで出場し、11打数4安打、打率.364の成績で4回戦敗退。

3年春からは中学以来となるショートを守ります。

3年夏の京都府大会には3番ショートで出場し、9打数6安打5打点、打率.667の活躍!

しかし、チームは京都文教高校7対8で敗れ、4回戦敗退でした。

緒方理貢の大学時代

高校卒業後は駒澤大学に進学します。

大学では1年秋からレフトのレギュラーを獲得。

1年秋のリーグ戦では全試合に出場。

合計53打数16安打6打点、打率.302と打ちまくり、当時2部だったチームを1部に復帰させる原動力となりました。


以降も外野(レフト、ライト)のレギュラーとして試合に出場。

大学3年秋終了時で、一部二部合わせて、通算232打数52安打21打点、打率.224、2本塁打、17盗塁の成績を残しています。

緒方理貢のプレースタイル

緒方理貢選手50m5秒8の俊足遠投120mの強肩を持つ外野手兼内野手。

大学2年春までは3割以上の打率を残すも、それ以降はやや不振で、最近は打順も下位を打つことが多いです。

守備では外野はレフト、センター、ライト全て守れる上に、高校時代はショートセカンドも経験しています。

緒方理貢のスカウトの評価

広島・鞘師スカウト ※高校3年時
「走攻守三拍子そろっている。将来が楽しみ」

緒方理貢のまとめ

緒方理貢選手がプロ志望かは現時点では不明です。

もしプロを目指すのであれば、ぜひもう一度ショートに挑戦してほしいですね。

高校時代から注目してきたわたしとしては、緒方理貢選手が外野を守っているのはちょっともったいない気がします。

もちろん、外野手の守備も、十分、大学トップレベルだとは思うのですが。