健康

新型コロナ対策で話題に!おすすめランニング用マスク!バフ(buff)とは何?

スポーツ用マスク

新型コロナによる緊急事態宣言で、家の中で過ごすことが多くなった今日この頃。

・・・とはいっても、一日中家の中にいるのも気分が滅入ります。

不要不急の外出自粛が言われていますが、“ジョギングなどの感染リスクがない環境での運動は行っても問題ない”とのことです。

ただし、ランニングをするにしても、普段とはちょっと違った配慮が必要のようです。

ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が、ジョギング時に注意すべきエチケットYouTubeで啓発されています。

また、タレントのたむらけんじさんもマスクをせずにランニングをしている人に対して、怒りのツイートをして物議を醸しています。


新型コロナが問題になっている現在では、ランニングする時にもマスクをするのがマナーのようですね。

マスクをしてランニングをすることは、マラソン選手が高地トレーニングをするのと同じような心肺機能を高める効果あるとも言われています。

高校野球の名門・大阪桐蔭の選手は普段のトレーニングからマスクを着用していますね。

アマゾン楽天などにはトレーニングをメインにしたものの他にもUVカット付き、花粉症対策、日焼け止め効果のあるスポーツマスクが売られています。

おすすめスポーツ用マスク

こちらは広島カープの九里亜蓮投手も付けているトレーニング用マスクです。

こちらはがっつり心肺機能を鍛えたい人向けですね。

これを付けてランニングすれば、かなり注目されること間違いなしです。

個人的にはスポーツ用のマスクでしたら、ナルーマスクシリーズがおすすめですが、今の時期品切れが多いですね。

スポーツ用マスクは女性向きのものはありませんが、あえて挙げれば、

おすすめバフ(Buff)

そして、ランニング用のマスクの代わりになるものとして注目が集まっているのが、バフ(Buff)です。

バフ(Buff)とは?

バフ(Buff)とは、ネックウォーマーのような形をした筒状の布のこと。

バンダナ、キャップ、ヘアバンドなど一枚で何通りもの使い方ができる万能アイテムです。

山中教授もマスクして走るのが苦手な人は、布のバフを活用することを推奨されていますね。

個人的にもがっつり体を鍛えようという人以外は、マスクよりはバフのほうがおすすめです。

バフ(Buff)にもランニング用マスクと同じく、日焼け止め、吸汗速乾、防寒などさまざまな用途に合わせたものが存在します。

※正確には「バフ(Buff)」は、スペインの会社のブランド名兼商品名ですが、今回はランニングするときにマスクの代わりになるフェスマスクフェイスガード、フェイスカバーバフ(Buff)として紹介させていただきます。

バフには子供用、女性用などもありかなり種類が豊富です。

また、正確にはバフではありませんが、ネックガードフェイスカバーにもマスクの代わりになるものがあります。

ROCKBROS(ロックブロス)ネックカバー UVカット フェイスカバー バンダナ 日焼け防止 UPF50+ 氷感 吸汗速乾 呼吸しやすい 多機能 夏 男女兼用

息苦しくないUVフェイスカバーC型(UVカットフェイスマスク)

バフはランニングをしない人でも、夏場の庭のお手入れなどの時にも帽子と合わせて日焼け対策で使うこともできますので、一つ持っておくとなかなか便利なアイテムです。

まとめ

もちろん、マスクバフ(Buff)を使うだけではなく、普段走っている公園などのランニングコースに人が多いならば、ちょっとコース時間帯を変えてみるなどの工夫も必要です。

新型コロナとの戦いはいつまでかかるかわからない長いものになりそうです。

必要以上のストレスをためない自粛生活を送りましょう。

ちなみにマスクなしで安全にマラソンをするにはこちら↓

ランニングマシーン ルームランナー
[宅トレ]家庭用ランニングマシーン(ルームランナー)のおすすめ!選ぶポイントは?自粛生活による運動不足から、新しくランニングやウォーキングを始めた、あるいは始めたい、と思っている人も多いのではないでしょうか? ...