野球

山田啓太(白鴎大)は東海大相模出身のドラフト候補!球種や球速は?弟もすごい!

山田啓太 白鴎大学

白鳳大学ドラフト候補山田啓太投手。

東海大相模時代には二刀流として注目されていた左ピッチャーです。

大学進学後はピッチャーに専念。

最多勝MVPを獲得するなど活躍を続けています。

山田啓太のプロフィール

名前:山田 啓太(やまだ けいた)
出身:神奈川県横浜市
身長:172cm
体重:71kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:横浜市立瀬谷中学校→東海大相模高校→白鴎大学

山田啓太の弟

山田啓太選手の2歳下の弟・山田拓也選手もプロ注目の選手です。

ポジションは内野手。

高校は兄と同じ東海大相模に進学すると、1年春からベンチ入り。

3年春センバツではセカンドのレギュラーとしてベスト4入りを果たしました。。

現在は青山学院大学1年生からレギュラーとして活躍しています。


今から2年後が楽しみですね!

山田啓太の中学時代

中学時代、山田啓太投手横浜青葉リトルシニアに所属。

当時は外野手兼ピッチャーとしてプレー。

打順はクリーンナップを任され、3年生の時にはリトルシニア全国選抜野球大会準優勝を果たしています。

山田啓太の高校時代

中学卒業後は、東海大相模に進学。

高校では1年生から控えとしてベンチ入りします。


2年夏には1学年上の小笠原慎之介投手(現・中日)、吉田凌投手(現・オリックス)らの活躍もあり、神奈川県大会優勝!

さらに甲子園では45年ぶり2回目の日本一を経験しました。

ただし、山田啓太投手は県大会での先発はありましたが、甲子園での出場はありませんでした。

2年秋からは北村朋也投手(現・国際武道大)とのダブルエースとしてチームを引っ張ります。

背番号1を背負った2年秋の神奈川県大会は、準々決勝横浜高校1対10で敗れ、ベスト8敗退。


3年春は北村投手に背番号1を譲りますが、
3年夏の神奈川県大会では再び背番号1を付けて臨みます。

準々決勝では慶應義塾高校と対戦。

先発した山田啓太投手でしたが、3回途中6失点でKO、
チームも8回コールド2対11で敗れています。

高校の同期のチームメイトには北村朋也投手の他に、今年のドラフト候補の赤尾光祐選手(現・東海大札幌キャンパス)らがいました。

赤尾光祐選手についてはこちらを→赤尾光祐(東海大札幌キャンパス)は大学日本代表の4番候補!飛距離がすごい!

山田啓太の大学時代

高校卒業後は白鴎大学に進学します。

大学では1年春からベンチ入り。

2年春のリーグ戦から先発2番手の座を獲得すると、
4勝0敗、防御率1.82の好成績で、最多勝ベストナインのタイトルを受賞しました。


3年秋にはエースとしてチームを引っ張り、4勝1敗、防御率1.88の活躍!

チームをリーグ優勝に導くとともに、個人でもMVP、最多勝、ベストナインを受賞しています。


大学の同期のチームメイトにはプロ注目の本格派右腕・大関竜登投手らがいます。

山田啓太のプレースタイル

山田啓太投手身長172cm小柄なサウスポーです。

大学入学後のトレーニングで球速を伸ばし、3年秋に最速145km/hを記録しています。

変化球スライダー、チェンジアップ、カーブなど。

バッティングも得意で、高校時代は投げない時も外野手として出場していました。

打順もクリーンナップを打ち、3年春の県大会では横浜高校の藤平尚真投手(現・楽天)からホームランを放っています。

山田啓太のまとめ

山田啓太投手は3年秋までの6シーズンで15勝3敗、防御率1.82とすばらしい成績を残しています。

最終学年の今年は、更なる活躍を見せて、プロに進んでいってほしいですね!