野球

萩原哲(創価大)の日南学園時代の成績は?ドラフト指名の可能性は?

萩原哲 創価大学

創価大学ドラフト候補萩原哲選手。

日南学園甲子園に出場した頃から、その強肩ぶりで注目されていたキャッチャーです。

大学進学後も選手層の厚い創価大学1年春からレギュラーを獲得!

打点王ベストナインのタイトルを獲得するなど活躍を続けています。

萩原哲のプロフィール

名前:萩原 哲(はぎわら てつ)
生年月日:1998年5月18日
出身:京都府宇治市
身長:174cm
体重:82kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:宇治市立御蔵山小学校→宇治市立木幡中学校→日南学園→創価大学

萩原哲の小中学時代

萩原哲選手は小学生から軟式野球を始めました。

中学時代は京都木津川シニアでプレー。

中学卒業後は、宮崎県にある日南学園に進学します。

萩原哲の高校時代

日南学園萩原哲選手1年の夏甲子園に出場していますが、当時はまだベンチ外で出場はありませんでした。

萩原哲選手がレギュラーになったのは2年生の春からです。

2年夏の宮崎県大会宮崎第一0対1で敗れ、3回戦敗退。

2年秋には公式戦23打数7安打6打点、打率.304の成績で、
宮崎県大会優勝&九州大会ベスト4入りを果たしています。

翌3年春センバツでは初戦明石商業と対戦。

萩原哲選手4打数1安打の成績で、チームは2対3サヨナラ負けでした。

甲子園には夏の宮崎県大会を制して、3年夏にも出場。

萩原哲選手全3試合6番キャッチャーで出場し、
11打数5安打2打点、打率.455の好成績で9年ぶりベスト16入りに貢献しました。

萩原哲の大学時代

高校卒業後は創価大学に進学。

大学では1年春から正捕手の座を獲得。

1年春のリーグ戦では33打数12安打12打点、打率.364の活躍で、打点王ベストナインを受賞しました。

その後も萩原哲選手はレギュラーとして試合に出続けていて、
3年秋までの6シーズン201打数54安打33打点、打率.269、ホームラン1本の成績を残しています。


大学の同期のチームメイトには保科広一選手らがいます。

保科広一選手についてはこちらを→保科広一(創価大)は遊学館出身のドラフト候補!ハーフなの?弟もすごい?身長体重は?

萩原哲のプレースタイル

萩原哲選手強肩が売りのキャッチャーです。

素早くコンパクトな腕の振りで強いボールが投げられ、正確なスローイングで盗塁を許しません。

チャンスで一発も期待できるパンチ力のある打撃も魅力。

遠投115m。

50m6秒9。

萩原哲のまとめ

キャッチャーは経験が大事なポジションです。

萩原哲選手は1年生から、1学年上の杉山晃基投手(現・ヤクルト)、望月大希投手(現・日本ハム)、小孫竜二投手(現・鷺宮製作所)などの好投手とバッテリーを組んでいました。

これは他の大学生キャッチャーにはない貴重な経験です。

萩原哲選手はこの3年間で学んだことを活かして、
強肩だけではなくピッチャーをリードで勝たせることができるキャッチャーとなってプロに進んでいってほしいですね。