野球

猪田和希(JFE東日本)の神戸国際大附属時代の成績は?ドラフト指名は?

猪田和希 JFE東日本

JFE東日本ドラフト候補猪田和希選手。

強肩強打のプロ注目のキャッチャーです。

高校時代にはタレントの「あばれる君」に似ていることから、“神戸国際のあばれる君”の愛称で呼ばれていました。

甲子園には3年春と夏の2度出場!

社会人に進んでからも、2年目の都市対抗野球で日本一に貢献するなど活躍を続けています。

猪田和希のプロフィール

名前:猪田 和希(いのだ かずき)
生年月日:1999年8月20日
出身:兵庫県西宮市
身長:175cm
体重:90kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:西宮市立高木小学校→西宮市立瓦木中学校→神戸国際大附属高校→JFE東日本

猪田和希の小中学時代

猪田和希選手小学1年生から高木野球団で野球を始めました。

中学時代は兵庫伊丹ヤングに所属。

中学校3年の夏には4番・ピッチャーとしてジャイアンツカップに出場し、ツーランホームランを記録しています。

中学時代のチームメイトには来年(2021年)のドラフト候補の篠原翔太選手(報徳学園→明治大学)らがいました。

猪田和希の高校時代

中学卒業後は神戸国際大附属高校に進学。

高校では2年夏からレフトレギュラーを獲得。

2年夏の兵庫県大会では全5試合に4番打者として出場し、20打数6安打2打点、打率.300の成績で、ベスト8入りを果たしています。

2年秋からは強肩を買われてキャッチャーに転向。

2年秋の兵庫県大会では打率4割超の活躍で、優勝を達成しました。


兵庫大会の決勝で顔面に死球を受け、鼻骨とほお骨の計4カ所を骨折。
救急搬送されましたが
「手術したら1カ月は安静と言われたので」
と手術を回避し、毎日の練習後に通院、治療を重ねました。

その甲斐あって、続く近畿大会でも2試合連続ホームランを放つなどの活躍で、準優勝に貢献しました。


翌3年春のセンバツでは初戦東海大福岡と対戦。

打つ方では3打数0安打1四球に抑えられ、
守りでも、9回に決勝点につながる悪送球を犯していまい、1対2サヨナラで敗れてしまいました。

甲子園には夏の兵庫県大会を制して、3年夏にも出場。

初戦(2回戦)は阪口皓亮投手(現・横浜DeNA)のいた北海高校と対戦し、4打数2安打の成績で、5対4勝利。

3回戦は太田椋選手(現・オリックス)のいた天理高校と対戦。

5打数0安打の成績で、延長11回1対2で敗れました。


高校の同期のチームメイトにはプロ注目のサウスポー・黒田倭人投手(現・日本製鉄かずさマジック)らがいました。

猪田和希の社会人時代

高校卒業後はJFE東日本に入社。

社会人2年目の都市対抗野球では、決勝を除く4試合に途中出場し、チーム初の日本一に貢献しました。

明治安田生命との3回戦では、9回裏にサヨナラ満塁ホームランを放っています。


社会人2年目には日本選手権にも出場し、2試合でスタメンを経験。

2回戦の大阪ガス戦では2本のヒットを記録しましたが、試合は4対5で敗れました。

猪田和希のプレースタイル

猪田和希選手広角に長打を打てるキャッチャーです。

高校通算28本塁打。

高校3年夏の兵庫県大会では7試合で4本のホームランを記録しています。

遠投110mと肩も強く簡単には盗塁を許しません。

キャッチャーを本格的に始めたのは高校2年の秋からと遅めですが、リードやキャッチングも着実に成長してきています。

握力は右70kg、左65kg。

50m6秒7。

猪田和希のまとめ

猪田和希選手はプロでも貴重なホームランを打てるキャッチャーです。

高卒社会人なので、2020年4月時点でまだ20歳と若いのも魅力的。

猪田和希選手には「あばれる君」の愛称どおりに、自慢の打撃で大暴れして、プロでも10年はレギュラーを張れる選手になってほしいですね!