野球

石川達也(法政大)は横浜高校出身のドラフト候補!フォームや球速球種は?

石川達也 法政大学

法政大学ドラフト候補石川達也投手。

最速146km/hを投げる細身のサウスポーです。

横浜高校では藤平尚真投手(現・楽天)とともにダブルエースとして活躍!

3年夏には神奈川を制し、甲子園にも出場しています。

大学では2年春からリーグ戦で登板し、プロ入りを目指しています。

石川達也のプロフィール

名前:石川 達也(いしかわ たつや)
生年月日:1998年4月15日
出身:神奈川県横浜市
身長:178cm
体重:73kg
投打:左投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:横浜市立下田小学校→横浜市立東山田中学校→横浜高校→法政大学

石川達也の小中学時代

石川達也投手小学1年生から旭リトルで野球を始めました。

中学時代は、中本牧シニアでプレー。

中学3年生の時には南関東選抜チームの一員として、日台国際野球大会に出場しました。

石川達也の高校時代

中学卒業後は横浜高校に進学します。


高校では1年秋からベンチ入り。

2年夏の神奈川県大会では背番号11ながら、6試合に登板、うち5試合に先発。

23回を投げ、5失点(自責点2)、防御率0.78の活躍で準優勝に貢献しました。

3年春には背番号1を付け、神奈川県大会優勝&関東大会準優勝を達成!


3年夏の神奈川県大会では背番号1は藤平尚真投手に譲りますが、2枚看板として活躍。

6試合に登板(先発3)し、19回1/3を投げ、23奪三振、防御率1.86の成績で優勝を果たしますした。


続く甲子園では全2試合に登板。

2回戦の履正社高校戦では先発を務めましたが、2回途中5失点でKO、チームも1対5で敗れています。

実は石川達也投手は、3年生の4月に肩を痛めていました。

履正社との試合では2度の雨による中断があり、その中断のせいで試合中に肩の痛みがひどくなってしまっていました。

4月に左肩痛を発症。この一戦には痛み止めの注射を打って臨んでいたが、キャッチボールもできない長時間の中断で「肩が冷えてしまって、痛くなってしまった」という。普段なら、肩が温まれば投球に問題はない。大一番でまさかの事態に見舞われてしまった。

デイリー


高校の同期のチームメイトには藤平尚真投手、公家響選手、村田雄大選手らがいました。

公家響選手についてはこちらを→公家響(明治大)の横浜高校時代の成績は?現在は主将でドラフト候補?

石川達也の大学時代

高校卒業後は、法政大学に進学。

1年生の時は肩の治療に専念し、2年春からリーグ戦に出場します。

2年秋のリーグ戦では13試合中9試合リリーフで登板。

3勝を挙げ、優勝に貢献しました。


その後も、3年秋まで全てリリーフとして登板し、3勝0敗、防御率1.42の成績を残しています。

大学の同期のチームメイトにはプロ注目の高田孝一投手、鈴木昭汰投手らがいます。

高田孝一投手についてはこちらを→高田孝一(法政大)は平塚学園出身のドラフト候補!大学日本代表でも活躍!

鈴木昭汰投手についてはこちらを→鈴木昭汰(法政大)はドラフト候補のサウスポー!常総学院では3度甲子園に出場!

石川達也のプレースタイル

石川達也投手最速146km/hを投げるプロ注目のサウスポーです。

変化球スライダー、フォーク、チェンジアップ、カーブなど。

牽制フィールディングも上手で、運動神経の良さが感じられます。

ちょっぴり珍しい左投げ右打ち。

石川達也のスカウトの評価

阪神・葛西稔スカウト
「制球が良いし見づらい」

石川達也のまとめ

石川達也投手は、高校3年生の時にも一度はプロ入り表明したようにプロ志望の強い選手です。
※結局、肩の故障もあり、高卒でのプロ入りは断念。

大学最終学年の今年は、新型コロナの影響でリーグ戦の試合数が減ってしまったのは残念ですが、
少ないながらも与えられた登板機会ではきっちり結果を残して、スカウトにアピールしていってほしいですね。