野球

中村亮太(東農大北海道オホーツク野球部)の千葉経大附属時代は?ドラフト指名はある?

中村亮太 東農大北海道オホーツク

東農大北海道オホーツクドラフト候補中村亮太投手。

躍動感あふれるフォームから最速151km/hを投げる本格派のピッチャーです。

中学時代は、藤平尚真投手(現・楽天)の控えでしたが、高校大学と成長を続け、現在はプロ注目の選手となっています。

中村亮太のプロフィール

名前:中村 亮太(なかむら りょうた)
出身:千葉県四街道市
身長:185cm
体重:75kg
投打:投げ打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:四街道市立四街道中学校→千葉経大附属高校→東農大北海道オホーツク

中村亮太の親戚

中村亮太投手の父・隆一さんのいとこは、元プロ野球選手の故・中村勝広さんです。

現役時代は阪神一筋で内野手としてプレー。

引退後には監督GM(ゼネラルマネージャー)も務められていました。

中村亮太投手は毎年正月に会い、小学生の頃はよくアドバイスももらっていたそうです。

中村亮太の中学時代

中学時代、中村亮太投手千葉市リトルシニアに所属。

同期に藤平尚真投手(現・楽天)と今年のドラフト候補・中島隼也投手(現・城西国際大学)がいたため控えピッチャーとして過ごしました。

中島隼也投手についてはこちらを→中島隼也(城西国際大)は高速チェンジアッパー!郡司裕也後輩のドラフト候補!

中村亮太の高校時代

中学卒業後は、千葉経大附属高校に進学しました。

3年夏の千葉県大会ではエースとして6試合中5試合先発。

1完封を含む3つの完投勝利の活躍で準決勝まで進出します。


準決勝では早川隆久投手(現・早稲田大学)のいた木更津総合と対戦。

中村亮太投手6回まで1失点の好投を見せましたが、7回に崩れ一挙5失点。

5対6逆転負けを喫しました。

中村亮太の大学時代

高校卒業後は、北海道にある東農大北海道オホーツクに進学します。

大学では1年生の秋からリーグ戦に出場。

2年生の春には優秀投手賞のタイトルを獲得しました。

全国大会には3年春の全日本大学野球選手権大会に出場。
リリーフとして3試合登板し、ベスト4入りに貢献しました。

明治大学との準決勝では、1/3イニングで、2失点と打たれたものの最速151km/hを記録し、スカウトから注目を集めていました。

大学の同期のチームメイトにはタイシンガー・ブランドン大河選手らがいます。

タイシンガー・ブランドン大河選手についてはこちらを→タイシンガーブランドン大河(東農大北海道オホーツク)はイケメンハーフのドラフト候補!

中村亮太のプレースタイル

中村亮太投手身長185cm体重75kg長身細身のピッチャーです。

最速151km/hのストレートを中心に、相手打者を押すピッチングが持ち味。

変化球スライダー、フォークなど。

中村亮太のまとめ

大学の4年生の中村亮太投手には、今年はエースとしてチームを全国大会に導くような活躍が期待されます。

そんな活躍ができたら、プロ入りも間違いないと思いますね。

プロでは、中学時代のチームメイトの藤平尚真投手と投げ合う姿を見てみたいです。