野球

赤上優人(東北公益文科大)の角館時代の成績は?ドラフト指名の可能性は?

赤上優人 東北公益文科大

東北公益文科大学ドラフト候補赤上優人投手。

身長173cmと小柄ながら最速153km/hを投げる本格派のピッチャーです。

実は、赤上優人投手ピッチャーを始めたのは大学からなんです。

そこから、プロ注目の選手にまでなるなんて、驚くべき野球センスと身体能力の持つ主ですね!

赤上優人のプロフィール

名前:赤上 優人(あかがみ ゆうと)
出身:秋田県仙北市
身長:173cm
体重:67kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:仙北市立桧木内中学校→秋田県立角館高校→東北公益文科大学

赤上優人の中学時代

中学時代、赤上優人投手軟式野球部に所属。

卒業後は、秋田県立角館高校に進学しました。

赤上優人の高校時代

高校では1年生から控えとしてベンチ入り。

1年夏の秋田県大会では、準々決勝準決勝ではショートでスタメン出場し、初優勝に貢献しました。

続く甲子園では、初戦(2回戦)で鳥取代表の八頭と対戦し、1対6で敗退。

甲子園では赤上優人投手の出場はありませんでした。

2年春からショートのレギュラーを獲得。

春の秋田県大会ではベスト4入りを果たしています。

秋田商業との三位決定戦では成田翔投手(現・ロッテ)から、ヒットを放ちました。

試合は成田翔投手に完封され、敗れています。

2年夏の秋田県大会初戦(2回戦)敗退。

2年秋からは主将としてチームを引っ張ります。

3年夏の秋田県大会には1番・ショートで臨み、26打数8安打5打点、打率.308の成績で、決勝進出。

しかし、最後は大曲高校8対7で敗れ、準優勝に終わりました。


高校の同期のチームメイトには小木田敦也投手(現・TDK)らがいました。

赤上優人の大学時代

高校卒業後は東北公益文科大学に進学しました。

大学では1年春からショートとしてリーグ戦に出場。

1年秋からはピッチャーとしても出場するようになり、すべてリリーフ6試合に登板し、1勝0敗、防御率0.79の成績を残しています。

2年生秋からは先発としても登板。

3年生春オープン戦では153km/hを記録し、スカウトから注目されるようになりました。

ピッチャーを始めて2年弱で、153km/hは凄すぎですね!


3年秋のリーグ戦では4勝1敗、防御率1.11の活躍で優勝に貢献!

個人でも最多勝MVPを受賞しました。

赤上優人のプレースタイル

赤上優人投手173cmと小柄な右の本格派ピッチャーです。

セットポジションから最速153km/hのストレートを投げ込みます。

変化球はスライダー、カーブなど。

コントロールにはやや不安があります。

赤上優人投手のまとめ

赤上優人投手の所属する東北公益文科大学からはこれまでドラフトで指名された選手はいません。

昨年は1学年上の石森大誠投手(現・熊本ゴールデンラークス)がプロ志望届を提出しましたが、残念ながら指名漏れに終わっています。

果たして、赤上優人投手東北公益文科大学初のプロ野球選手になるのか!?

今秋のドラフトが楽しみですね!