野球

瀬戸西純(慶應大)の中学高校時代の成績は?ドラフト指名の可能性は?

瀬戸西純 慶應大

慶應大学ドラフト候補瀬戸西純選手。

大学トップレベルの守備力を持ったプロ注目のイケメンショートです。

瀬戸西純 慶應義塾学

大学3年の秋にはレギュラーとして日本一に貢献!

4年生からは主将に就任し、2年連続の日本一プロ入りを目指しています。

瀬戸西純のプロフィール

名前:瀬戸西 純(せとにし じゅん)
生年月日:1998年8月24日
出身:神奈川県横浜市
身長:177cm
体重:77kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート
経歴:横浜市立六浦中学校→慶應義塾高校→慶應大学

瀬戸西純の中学時代

瀬戸西純選手2人の兄の影響で小学校に入る前から野球を始めました。

中学時代は強豪・中本牧シニアでプレー。

中学3年生の時にはショートレギュラーとして全国大会にも出場しています。

中本牧シニアの同期のチームメイトには石川達也投手(横浜→法政大)がいました。

石川達也投手とは今でも仲が良く、連絡を取り合っているそうです。

中学卒業後は、一般入試で超難関を突破し、慶應義塾高校進学しました。

全国大会に行くレベルで野球をしていて、さらに慶應に一般入試で合格はすごいですね!

現在も法学部政治学科に在籍しており、かなり頭もいいようです。

瀬戸西純の高校時代

高校では2年秋からショートのレギュラーを獲得。

3年夏の神奈川県大会には7番・ショートで出場し、22打数11安打7打点、打率.500の活躍で決勝まで進みます。

決勝では藤平尚真投手(現・楽天)、石川達也投手らのいた横浜高校と対戦。

瀬戸西純選手は藤平尚真投手からタイムリーヒットを放ちましたが、試合には3対9で敗れ、準優勝に終わりました。


3人目の背番号6のバッターが瀬戸西純選手です。

瀬戸西純の大学時代

慶應大学進学後は、1年春からベンチ入り。

2年春から大学トップレベルの守備力を買われてレギュラーを獲得します。

以降、打順は下位ながらレギュラーとして試合に出続け、2年春、3年春、秋のリーグ優勝貢献!


3年秋の明治神宮大会では10打数5安打6打点の活躍で、19年ぶりの日本一を達成しました。

瀬戸西純のプレースタイル

瀬戸西純選手は鉄壁の守備力を持つショートです。

これまで幾度も的確なポジショニングと、安定したスローイングでチームのピンチを救っています。

慶應大学の大久保前監督からも
「彼以上に守れる選手はいない。大学球界でもトップレベル。しかも、頭脳にも、長けていますから」
と抜群の信頼を得ていました。

一方、3年秋まででリーグ戦通算打率.213バッティングが課題です。

それでも、4年生からは1番打者を任され、社会人のホンダとのオープン戦では先頭打者ホームランを記録するなど、改善の兆しが見られています。

50m6秒2。

遠投100メートル。

好きな選手は西武・源田壮亮選手。
日々、動画を見て研究を重ねています。

瀬戸西純のスカウト評価

中日・八木スカウト
「(4年春の社会人とのオープン戦でのホームランを見て)小力がある」

瀬戸西純のまとめ

瀬戸西純選手は大学3年生の途中までは、はっきりとしたプロ志望ではありませんでした。

しかし、大学3年秋に日本一になったことと、1学年先輩が4人プロ入りしたことによって、心境に変化が出て、現在ではプロ入りが第一目標になっています。

瀬戸西純選手の場合、守備は即戦力レベルですので、ドラフト指名があるかどうかは、バッティング次第ですね。

何とか今年はリーグ戦で結果を残して、プロへの扉を開いてほしいものです。