テニス

コリガウフ(テニス)の父母やコーチは?ラケットやシューズについても!

コリ・ガウフ テニス

将来的には世界ランキング1位を狙えるアメリカコリ・ガウフ選手。

愛称・ココと呼ばれている16歳になったばかりの若いテニスプレーヤーです。

15歳の時には史上最年少でウィンブルドンの予選を突破し、本戦に出場!

本戦でも元女王ヴィーナス・ウィリアムズ選手を撃破し、ベスト16まで進んでいます。

また、今年の全豪オープンでは大坂なおみ選手をストレートで倒して話題になりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Coco Gauff(@cocogauff)がシェアした投稿

コリ・ガウフのプロフィール

名前:コリ・ガウフ(Cori Gauff)
生年月日:2004年3月13日
出身:アメリカ合衆国・ジョージア州アトランタ
身長:176cm
利き手:右
バックハンド:両手打ち

コリ・ガウフの父と母

コリ・ガウフ選手の父・コーリーさんはジョージア大学バスケットボールを、・キャンディさんは高校時代には体操を、フロリダ大学では陸上をされていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Coco Gauff(@cocogauff)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Coco Gauff(@cocogauff)がシェアした投稿


その他、コリ・ガウフ選手にはコディ君とキャメロン君の二人の弟がいます。

コリ・ガウフの経歴

コリ・ガウフ選手4歳の時に2009年全豪オープン女子シングルスでセリーナ・ウィリアムズ選手が優勝する試合を見て、テニスに興味を持ち始め、7歳から本格的にテニスを始めました。

その後、テニスの環境が整っているフロリダ州デルレイビーチに家族そろって移住をしています。

コリ・ガリフ選手13歳の時には史上最年少全米オープン女子決勝に進んでいます。

さらに14歳の時には全仏オープン女子ジュニア選手権優勝!

そして、15歳でプロ転向を果たすと、
2019年のウィンブルドンでは史上最年少となる15歳3か月で予選を突破しての本戦出場を果たしています。

この時は本戦でも4回戦まで勝ち進み、とても話題になりました。

コリ・ガウフのコーチ

コリ・ガウフ選手がテニスを始めた時から父・コーリーさんがコーチをされています。

ちなみ父・コーリーさんはテニスの経験はないんだそうです!

2019年からは、元男子プロのジャン=クリストフ・フォーレルさんがコーチに加わっています。

コリ・ガウフのラケット

コリ・ガウフ選手が現在使用されているラケットHEAD「GRAPHENE 360 SPEED MP」。

とても操作性が優れており、女性やジュニアでも扱いやすいラケットです。

女子のトップ選手のバーティ選手、アンドレスク選手らも愛用されています。

コリ・ガウフのシューズ

コリ・ガウフ選手はNIKEのウェアやシューズを使用していた時期もありましたが、
2018年10月にニューバランスとスポンサー契約を結んだことで同社のシューズを履いています。

現在履かれているシューズはNEW BALANCEの「WCH996」です。

コリ・ガウフのまとめ

これまでいくつもの最年少記録を塗り替えてきたコリ・ガウフ選手。

世界ランキング1位になるのも、そう遠くないかもしれませんね!