野球

吉川貴大(大商大)のフォームや球種や球速は?ドラフト指名の可能性は?

吉川貴大 大阪商業大

大阪商業大学ドラフト候補吉川貴大投手。

開星高校時代から注目されてきたピッチャーですが、大学では3年間でまだ0勝。

それでもスカウトの評価は下がっていません!

本人もプロ志望で、大学最終学年で実績を作ってのプロ入りを目指しています。

吉川貴大のプロフィール

名前:吉川 貴大(よしかわ たかひろ)
生年月日:1998年7月27日
出身:島根県松江市
身長:182cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:松江市立竹矢小学校→開星中学校→開星高校→大阪商業大学

吉川貴大の小中学時代

吉川貴大投手は小学生から軟式野球を始めました。

中学からは中間一貫校開星中学校・開星高校に進学。

中学では軟式野球部に所属していました。

吉川貴大の高校時代

開星高校では1年生の夏右肘を故障し、手術を受けています。

練習再開までの約3カ月間、下半身強化に努めたことによって、フォーム改善精神的な成長につながりました。

公式戦には2年春の島根県大会から出場。

準々決勝立正大淞南高校戦初先発を果たすと、2安打に抑える好投を見せ、完封初勝利を飾りました。

2年夏島根県大会2回戦敗退で終え、2年秋の新チームからエース

2年秋の島根県大会では準優勝、続く中国大会でもベスト4入りに貢献しました。

中国大会1回戦では、広島新庄の堀瑞輝投手(現・日本ハム)と投げ合い、7回4安打8奪三振、7対0完封勝ちを記録しています。

翌3年春センバツでは初戦八戸学院光星と対戦。

吉川貴大投手は初回に自己最速147km/hをマークしましたが、10安打を浴び、2対6完投負けを喫しました。


2年春島根県大会優勝、中国大会ベスト4。

3年夏島根県大会では準決勝で、立正大淞南0対7で敗れ、甲子園出場はならず。

高校卒業後は、大阪商業大学に進学します。

吉川貴大の大学時代

大学では1年春からリーグ戦に出場。

いずれもリリーフとして4試合に登板し、合計11回1/3を投げ、1失点、防御率0.79の好成績を残しました。

その後も1学年上に橋本侑樹投手(現・中日)、大西広樹投手(現・ヤクルト)がいたためにリリーフで登板。

大学3年秋までの6シーズン通算15試合登板0勝0敗、防御率3.54の成績を残しています。

大学の同期のチームメイトにはプロ注目のキャッチャー・岡澤智基選手らがいます。
岡澤智基選手についてはこちらを→岡澤智基(大商大)は男も惚れるイケメンキャッチャー!智辯学園では選抜優勝!

吉川貴大のプレースタイル

吉川貴大投手プロ注目の本格派ピッチャーです。

常にセットポジションからの投球で、最速149km/hのストレートを投げ込みます。

コントロールにやや課題があり。

変化球は縦スライダー、フォーク、カーブなど。

50m6秒0。

遠投105m。

吉川貴大のスカウト評価

中日・山本スカウト
「フォークやカーブで緩急も付けられる。ボール自体はいいので、後は肩のスタミナをこれからつけていければ。まだ見ていきます」

広島・鞘師スカウト
「元々スピードはある。1球1球は悪くないので、安定感があればもっといい」

阪神・渡辺スカウト
「緊張もあるから四球は仕方ない。カーブをうまく使えるから、変化球でカウントを取っていける投手だと思う」

吉川貴大のまとめ

大阪商業大学の富山陽一監督からは「うちで一番いい投手」と言われ、最終学年の今年はエースとしての活躍が期待されています。

先輩の橋本侑樹投手、大西広樹投手に続いてのプロ入りを果たしてほしいですね!