野球

小野大夏(ホンダ)のフォームや球種や球速は?ドラフト指名の可能性は?

小野大夏 ホンダ

ホンダドラフト候補・小野大夏投手。

高卒社会人3年目若いピッチャーです。

本格的にピッチャーを始めたのは健大高崎時代の2年秋からと遅めですが、
今ではストレートの最速は150km/hを記録し、複数のプロ野球チームから注目される存在となっています。

小野大夏のプロフィール

名前:小野 大夏(おの だいな)
生年月日:1999年7月25日
出身:群馬県高崎市
身長:177cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:高崎市立滝川小学校→高崎市立高南中学校→高崎健康福祉大学高崎高等学校→Honda

小野大夏の小中学時代

小野大夏投手は小学生から軟式野球を始めました。

中学時代は学校の軟式野球部に所属。

中学卒業後は、地元の強豪・高崎健康福祉大学高崎高等学校に進学しました。

小野大夏の高校時代

高校にはピッチャーとして入学した小野大夏投手でしたが、慣れない硬球で右ひじを痛め、1年生の時に手術を経験。

その手術の影響とチーム事情から、1年生の10月からはキャッチャーに転向します。

2年生の春には8番・キャッチャーとして関東大会に出場。

関東大会では初戦で横浜高校2対3で敗れています。


2年夏の群馬県大会では6試合中3試合スタメン出場。

ピッチャーとしても2回戦準々決勝リリーフで登板し、準優勝に貢献しました。

2年秋控えキャッチャー兼リリーフ投手として、群馬県大会準優勝&関東大会ベスト4を経験。

2年秋の大会後から、ピッチャーに専念するようになり、
3年春のセンバツでは3試合リリーフで登板しています。

センバツでは合計5回2/3を投げ、自責点2、被安打6、与四死球5、奪三振6の成績でベスト8まで勝ち進みました。

3年夏の群馬県大会では全試合に登板(先発2、リリーフ4)し、決勝まで無失点の好投を見せます。

決勝前橋育英戦では先発しましたが、4回途中3失点で降板。

チームも4対6で敗れ、2季連続の甲子園出場はなりませんでした。

高校の同期のチームメイトには湯浅大選手(現・巨人)、安里樹羅選手(現・東北福祉大学)らがいました。

小野大夏の社会人時代

高校卒業後は
「1年でも早くプロに行きたい」
と社会人野球のHondaに入社します。

社会人では1年目から公式戦に出場。

2年目の2019年は主にリリーフとして登板し、
秋の日本選手権では最速150km/hのストレートを軸に2回2奪三振無失点の好投を見せいています。


また、2年目の冬にはABL(オーストラリアベースボールリーグ)に派遣され、海外でのプレーを経験。

ABLではデレード・ジャイアンツに所属し、9試合防御率1.42の成績を残しています。

小野大夏のプレースタイル

小野大夏投手最速150kmk/hを投げる本格派のピッチャーです。

変化球スライダー、カーブ、フォークボールなど。

特にフォークボールはこれまでも三振を獲るための大きな武器となっていましたが、
新しくHondaの投手コーチに就任した元巨人の木村龍司さんから
「変化球は同じ軌道じゃ意味がない。真っすぐと同じ軌道から入って落ちたら空振りがとれる」
と教わったことにより、さらに強力になっています。

小野大夏のスカウト評価

ロッテ・永野吉成スカウト部長
「思った以上に良いボールを投げていた。球威も馬力もある」

DeNA・武居邦夫スカウト
「体が強くなって体重移動がしっかりできている。安定した投球ができるようになりましたね」

小野大夏のまとめ

小野大夏投手は、
「プロは一番目指している場所。頑張っていきたいと思います」
と言っているように強いプロ志望を持った選手です。

現在でもリリーフとしてでしたら、十分、ドラフト指名があるレベルだと思います。

ですが、まだ若いことですし、できれば、高卒3年目の今年は先発でもやれるところを見せて、より上位でプロ入りを果たしてほしいですね。