野球

赤澤琉偉(U12野球日本代表)の通っている中学校や出身小学校は?父や母についても!

赤澤琉偉 八尾中央ボーイズ

八尾中央ボーイズ赤澤琉偉選手。

走・攻・守の三拍子揃った外野手です。

第5回WBSC U-12ワールドカップでは日本の一番バッターとしてチームを引っ張り、準優勝に貢献しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yurie Akazawa(@yurie_rui)がシェアした投稿

赤澤琉偉のプロフィール

名前:赤澤 琉偉(あかざわ るい)
生年月日:2007年1月6日
出身:大阪府八尾市
身長:157cm
体重:44kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
好きな野球チーム:阪神タイガース
目標とする野球選手:秋山翔吾選手
経歴:八尾市立桂小学校→八尾市立桂中学校

赤澤琉偉の小学生時代

赤澤琉偉選手が野球を始めたのはやや遅く、小学校低学年の頃は、母親とキャッチボールする程度でした。

そんな赤澤琉偉選手小学3年生の時に野球を習いたいと言い出します。

当時はルールもわからなかったため、母・友理恵さんは
「ちょっとまだ早いからあと1年我慢しよう。それでもやりたい気持ちがあるんだったらやらせてあげる」
と言って、思いとどまらせようとしました。

それでも、赤澤琉偉選手の野球をやりたいという想いは変らず、
4年生になると本人から
「1年経ったぞ」
と言ってきたため、友理恵さんは約束通り息子を地元の野球チームに入れてあげました。

東大阪花園ボーイズで野球を始めた赤澤琉偉選手でしたが、一からのスタートだったこともあり、最初はずっとベンチ。

しかし、5年生から試合に出始めると、すごい勢いで力をつけていきました。

赤澤琉偉の中学時代

赤澤琉偉選手は中学からは八尾中央ボーイズでプレー。

U-12侍ジャパン代表

赤澤琉偉選手中学1年の夏にはU-12日本代表に選ばれ、第5回WBSC U-12ワールドカップに出場しています。

中学生がU-12の大会に出場するのはちょっと不思議な感じもしますが、赤澤琉偉選手早生まれのため全然おかしなことはありません。

U-12日本代表では不動の一番打者として準優勝に貢献!

オープニングラウンドでは出場した4試合全てで初回に先頭打者で出塁し、4度とも俊足を活かしてホームに帰ってきています。


U-12日本代表の仁志敏久監督も
「赤澤が塁に出るとみんな勇気をもらえるようで」
と絶大な信頼を置いていました。

赤澤琉偉の父と母

赤澤琉偉選手について調べていると、お母さんとのエピソードはいくつかありましたが、お父さんについての情報は全く見つかりませんでした。

最初の方に書いたように小学校低学年の頃は、お父さんではなくてお母さんとキャッチボールをしていたことを考えると、もしかしたら、赤澤琉偉選手の家は母子家庭なのかもしれませんね。

お父さんについては何かわかりましたら、追記します。

赤澤琉偉のプレースタイル

赤澤琉偉選手は走攻守そろった外野手です。

選球眼もあり、バントなどの小技も得意。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yurie Akazawa(@yurie_rui)がシェアした投稿


守備で上手く、U-12ワールドカップでは出場した全選手の中から一人しか選ばれない「最優秀守備」に選ばれています。

目標とする野球選手は秋山翔吾選手。

赤澤琉偉のまとめ

赤澤琉偉選手の将来の夢はプロ野球選手になることです。

秋山翔吾選手のように日本を代表する外野手に成長していってほしいですね!