野球

藤村哲之(横浜商大)の高校時代の成績は?ドラフトではどこが指名?

藤村哲之 横浜商科大学

横浜商科大学ドラフト候補・藤村哲之投手。

球の出所の見にくいフォームから最速144kmk/hのストレートを投げるサウスポーです。

とても三振を多く獲れるピッチャーで、3年秋にはリーグトップの50奪三振を記録!

大学日本代表候補にも選ばれており、大学最終学年の2020年は更なる活躍が期待されています。

藤村哲之のプロフィール

名前:藤村 哲之(ふじむら てつゆき)
生年月日:1999年1月21日
出身:愛知県豊田市
身長:180cm
体重:82kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:豊田市立益富中学校→愛工大名電高校→横浜商科大学

藤村哲之の小中学時代

藤村哲之投手は小学生から水源パイレーツ軟式野球を始めました。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、中日ドラゴンズジュニア入りを果たしています。

中学時代は豊田シニアでプレー。

2年時に2番手投手として全国優勝!

3年時にはエースで全国3位に導きました。


中学卒業後は、地元の強豪・愛工大名電高校へと進学します。

藤村哲之の高校時代

高校では1年生から控え投手としてベンチ入り。

2年夏の愛知大会では、
3回戦で先発し、3回を0安打1奪三振無失点、
5回戦ではリリーフとして1回を0安打1四死球1奪三振無失点の好投を見せました。

しかし、準々決勝以降は登板機会はなく、チームも決勝で中京大中京高校に3対4で敗れています。

2年秋の新チーからはエースの座を獲得。

3年夏の愛知県大会では全8試合中7試合に登板し、決勝まで進出

最後は藤嶋健人投手(現・中日)のいた東邦高校に2対7で敗れ、2年連続の準優勝に終わっています。


高校の同期のチームメイトにはプロ注目のキャッチャー・山崎基輝選手(現・東洋大)、高橋優斗選手(現・JX-ENEOS)らがいました。

藤村哲之の大学時代

高校卒業後は、横浜商科大学に進学。

横浜商科大学といえば、OBには岩貞祐太投手(阪神)、西宮悠介投手(楽天)、左澤優投手(オリックス)、渡邊佑樹投手(楽天)などがおり、左ピッチャーの育成に定評のある大学です。

藤村哲之投手もそのことを知ったうえで、
「自分も続きたい」
と同大学を志願しました。


藤村哲之投手は大学では1年春からリーグ戦に出場。

なかなか勝ち星に恵まれず、3年春までの5シーズンも未勝利で過ごします。

さらに3年春のリーグ戦では左腕に軽い肉離れを発症。

しかし、この怪我で離脱中に走り込みに加え、柔軟性の向上に取り組むと、最速が2km/hアップし、3年秋の飛躍へとつながりました。

3年秋のリーグ戦では初勝利を含む3勝(1敗)をマーク。


奪三振もリーグトップの50個を記録し、ベストナインのタイトル初受賞しました。

この活躍が認められ、12月には大学日本代表候補合宿にも召集されています。

藤村哲之のプレースタイル

藤村哲之投手は身長180cm体重82kgの均整の取れた体格を持つプロ注目のサウスポーです。

ストレートの最速は3年秋に記録した144km/h。

変化球はスライダー、カーブ、ツーシーム、カットボール、チェンジアップなど。

遠投100m、50m6秒5。

目標とするピッチャーは杉内俊哉投手(元ソフトバンク、巨人投手)と東克樹投手(横浜DeNA)

藤村哲之のスカウト評価

DeNA・欠端光則スカウト
「今これだけ投げられれば十分。直球も角度があった」

藤村哲之のまとめ

藤村哲之投手に対しては地元・愛知の中日ドラゴンズと、大学が地理的に近い横浜DeNAが熱心と言われています。

どこのチームに入団するにしても、藤村哲之投手には1年目から新人王を争うくらいの活躍を期待したいですね!