野球

大石航輝(天理大)の大阪桐蔭時代の成績は?ドラフト指名の可能性は?

天理大学ドラフト候補・大石航輝選手。

大石航輝選手飛距離が自慢のスラッガーです。

現在ではバリバリのプロ注目選手となった大石航輝選手ですが、大阪桐蔭時代は意外なことに控えでした。

それでも、天理大学に進学後は、1年春の開幕戦でスタメンデビュー!

3年秋にはリーグ新の5本塁打を記録し、MVPを受賞しています。

大石航輝のプロフィール

名前:大石 航輝(おおいし こうき)
出身:兵庫県西脇市
身長:172cm
体重:83kg
投打:投げ打ち
ポジション:外野手
経歴:西脇市立黒田庄中学校→大阪桐蔭高校→天理大学

大石航輝の中学時代

中学時代、大石航輝選手兵庫三木シニアに所属。

エースとして全国大会に出場するなど活躍していました。

中学3年次には大阪桐蔭の西谷浩一監督に勧誘されます。

しかし、当時の大石航輝選手は自分のことを
「すごい選手とは思っていなかった」
と言い、大阪桐蔭でレギュラーになれる自信は全くなかったそうです。

それでも、
「強いところでやりたいという希望があったので、今後の自分に得るものがあればいいなと思っていました」
と同校へ進学しました。

大石航輝の高校時代

中学時代はピッチャーだった大石航輝選手ですが、

「入学してすぐ、同じサウスポーの高山(優希)や岩本(悠生)を見て、『もう勝てへんな』と思いました。このままやってもエースにはなれないので、自分は外野でいいなと思いました」

webSportiva 大阪桐蔭、異次元の強さを支える「全国屈指の控え部員」

外野に転向します。

高校では2年秋からベンチ入り。

しかし、やはりレギュラー獲得にまでは至らず、3年にセンバツに出場した際も、背番号15番の控えで、1回戦・土佐戦で守備固めとして出場しただけでした。

高校の同期のチームメイトには高山優希投手(現・日本ハム)、中山遥斗選手(現・國學院大學)、三井健右選手(現・立教大学)、永廣知紀選手(現・法政大学)らがいました。

大石航輝の大学時代

高校卒業後は天理大学に進学します。

大学では1年春からベンチ入り。

1年春の開幕戦でスタメンデビューを果たします。

リーグ新記録

大石航輝選手は3年秋には33打数13安打15打点、打率.394の大活躍!

ホームランはリーグ新となる1シーズン5本塁打を記録し、MVP、ベストナイン、特別賞を受賞しています。

また、3年生の11月には大学日本代表の選考合宿に参加しました。

大学の同期のチームメイトには大石航輝選手と同じくプロ注目の森浦大輔投手がいます。

森浦大輔投手についてはこちらを→森浦大輔(天理大)はどんな投手?進路はプロ?ドラフトで指名される?

大石航輝のプレースタイル

大石航輝選手身長172cm体重83kgのガッチリとした左のパワーヒッターです。

ベンチプレス115kgパワーが魅力。

元々ピッチャーをしていただけあり、肩も強く遠投110mを記録しています。

50m6秒5。

大石航輝の筋肉がすごい!

大石航輝選手の力強いスイングを支えるのは、懸命に鍛えた筋肉です。

大学1年秋、食事と運動量が合わず体重が68kgまで激減したことがきっかけで、ウエイトトレーニングに取り組みむと、体重は83kgまで増加。

「(筋肉を)まとえるだけまとおうと。アホみたいにやっています」
と、ウエイトトレーニングに2時間も費やす日もあります。

その結果、打球の飛距離が伸び、3年秋のホームランリーグ新記録につながりました。

大石航輝のまとめ

大石航輝選手が高校時代に甲子園に出場した時の将来の夢は「幸せに暮らすこと」でした。

その後、大学3年秋にホームランのリーグ新記録を達成したり、日本代表候補に選ばれたりしたことにより
「3年秋が終わって理想に近づいてきた。結果も残せてスタートラインに立てたかなと思う」
と、進路先にプロも視野に見据えるようになってきています。

別に「幸せに暮らすこと」「プロ野球選手になること」は矛盾しませんね。

このまま大学4年次も活躍して、プロ野球選手になって、幸せに暮らしてほしいですね!