野球

森浦大輔(天理大)はどんな投手?進路はプロ?ドラフトで指名される?

天理大学ドラフト候補・森浦大輔投手。

身長175cmとそれほど上背はありませんが、最速148km/hを投げるサウスポーです。

大学1年次には春秋連続でリーグMVPを受賞!

3年春には敢闘賞し、大学日本代表候補にも選ばれています。


左が森浦大輔投手。

森浦大輔のプロフィール

名前:森浦 大輔(もりうら だいすけ)
生年月日:1998年6月15日
出身:和歌山県新宮市
身長:175cm
体重:70kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:新宮市立丹鶴小学校→新宮市立緑丘中学校→天理高校→天理大学

森浦大輔の小中学時代

森浦大輔投手は、小学生から軟式野球を始めました。

中学時代は、学校の軟式野球部に所属。

中学卒業後は、奈良県にある天理高校へと進学します。

森浦大輔の高校時代

森浦大輔投手は高校では1年夏からベンチ入り。

2年秋の公式戦には背番号11を付けて登板し、秋季奈良県大会&近畿大会優勝に貢献!

近畿大会準々決勝決勝では先発を任され、準々決勝大阪桐蔭戦では完投勝利を収めています。


翌2年春のセンバツではリリーフで2試合に登板。

1回2/3を1失点という成績を残しています。

甲子園には2年生の夏にも出場。

しかし、この時は森浦大輔投手の登板はないまま、チームも長崎・創成館に2対3サヨナラで初戦敗退に終わりました。

2年秋の新チームからはエース。

3年夏の奈良県大会では、全5試合に登板し、合計22回2/3を15安打22奪三振、8四死球6失点の粘投を見せましたが、
決勝智辯学園5対6で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

森浦大輔の大学時代

高校卒業後は天理大学に進学します。

天理大では1年生からリーグ戦に出場。

1年春のリーグ戦では先発2番手として5試合に登板し、3勝0敗、防御率0.92の好成績でMVPを獲得しました。


続く1年秋のリーグ戦では、5勝1敗、防御率2.50の活躍で2シーズン連続のMVPを受賞

以後も主力として活躍を続け、大学3年秋までの6シーズンで17勝9敗、防御率1.71の好成績を残しています。

また、大学3年の6月には日米大学野球選手権大会に臨む大学日本代表の選考合宿に参加しました。
※大会メンバーには選出されず。

大学の同期のチームメイトにはプロ注目の左の強打者・大石航輝選手らがいます。

大石航輝選手についてはこちらを→大石航輝(天理大)の大阪桐蔭時代の成績は?ドラフト指名の可能性は?

森浦大輔のプレースタイル

森浦大輔投手は身長175cmと小柄な本格派サウスポーです。

ノーワインドアップの球の出どころの見づらいフォームから最速148km/hのストレートを投げ込みます。

変化球スライダー、チェンジアップ、カーブなど。

森浦大輔のスカウト評価

プロスカウト
「(関西の大学生投手では)森浦と有村が双璧」

ちなみにこの時スカウトが森浦大輔投手とともに名前を挙げている「有村」とは立命館大学の有村大誠投手ですね。

有村大誠投手についてはこちらを→有村大誠(立命館大)は秀岳館出身の本格派!中学時代は控えからドラフト候補に!

森浦大輔のまとめ

森浦大輔投手は1学年上の石原貴規捕手が昨年、広島にドラフト5位指名を受け、入団したことで、プロ入りへの思いを強くしています。

天理大のプロ注目左腕・森浦大輔投手(3年・天理)が12日、奈良県天理市の同校グラウンドで取材に応じ、今秋のドラフト会議で指名されるためにもさらなる成長を誓った。
「プロに行きたいと思うようになりました」。昨年のドラフトで長らくバッテリーを組んでいた石原貴が広島に5位指名されたことで、プロ入りへの意識が強くなった。

デイリー

森浦大輔投手は、昨年候補止まりだった大学日本代表にもおそらく今年は選ばれるでしょうし、大学ラストイヤーの活躍がとても楽しみなピッチャーです。

秋には石原貴規捕手に続いてのプロ入りを果たしてほしいですね!