陸上

小椋裕介(マラソン)の青山大学時代の成績は?東京オリンピック代表の可能性は?

小椋裕介選手(ヤクルト)丸亀国際ハーフマラソン日本新記録を達成!

記録も1時間0分0秒とすばらしいタイムでした。

小椋裕介選手青山学院時代には初優勝を含む2度の優勝に貢献しています。

実業団では満足な成績を残せずにいましたが、今回の走りで、一躍、東京オリンピック代表の有力候補になりました!

小椋裕介のプロフィール

名前:小椋 裕介(おぐら りょうすけ)
生年月日:1993年4月16日
出身:北海道士別市
身長:173cm
体重:59kg
経歴:札幌山の手高校→青山学院大学→ヤクルト

小椋裕介の高校時代

4人兄弟の長男として生まれた小椋裕介選手は、中学2年生の時にはすでに北海道内でナンバー1と言われるランナーでした。

高校では全国高等学校駅伝競走大会2度出場。

いずれも最重要区間である1区を任されています。

小椋裕介の大学時代

高校卒業後は、青山学院大学に進学。

大学三大駅伝(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)には1年生の出雲駅伝でデビュー!

1区を走り、区間7位の成績を残しています。

箱根駅伝には4年間連続で7区で出場。

3、4年生の時には区間賞を獲得し、3年生の時には青山学院大学の初の総合優勝に貢献しました。(4年次も総合優勝)

また、個人種目でも大学4年生の時に、日本代表として光州ユニバーシアードでハーフマラソンに出場。

ここでも大学の同期の一色恭志選手とワンツーフィニッシュを決め、優勝を達成しています。

実業団時代

大学卒業後はヤクルトに入社し、陸上を続けます。

しかし、目立った成績を挙げられずにいました。

2019年4月のハンブルクマラソンでは低体温症の影響もあり、2時間40分台に低迷。

「マラソンも駅伝もトラックも、このままでは無理だ」
と落ち込んだ時期もありました。

しかし、そこからトレーニング法を見直し、体重を約2kg増加させます。

そして、香川丸亀国際ハーフマラソンで1時間0分0秒という日本記録更新に繋げました。

小椋裕介のシューズ

小椋裕介選手が使用しているシューズは、今は話題のナイキの「ヴェイパーフライ」です。

昨年11月から使い始めると、いきなり1万メートルで自己ベストを更新!

さらに2020年2月の丸亀国際ハーフマラソンで日本新記録を達成しました。

小椋裕介選手によると
「負担があり、ケガのリスクが高い。使い方を間違えないようにしないと」
と、練習では使わず試合のみ使用しているそうです。

小椋裕介の結婚

現在、26歳の小椋裕介選手ですが、すでに結婚されています。

お相手に関しては詳しいことはわかりませんが、結婚された時期については自身のツイッターの自己紹介の欄に
「新婚生活はじめました。」とありますので、最近のようですね。

今回日本新記録を更新した直後にも、奥さんへの感謝をツイートされています。


今回の日本新記録更新には、シューズ以上に奥さんの支えが大きかったのではないでしょうか。

小椋裕介のまとめ

今後、小椋裕介選手は3月1日行われる東京マラソンに出場し、東京オリンピック代表の最後の一枠を狙う予定です。

東京マラソンでも素晴らしい走りを見せて、日本代表の座を射止めてほしいですね!