野球

並木秀尊(獨協大)は超俊足のドラフト候補!大学初の日本代表とプロ野球選手へ!

獨協大学ドラフト候補・並木秀尊選手。

異次元のスピード持つ超俊足の外野手です。

どのくらい早いかと言うと、2020年のドラフト候補の中には“サニブラウンに勝った男”として俊足で有名な中央大学の五十幡亮汰選手がいますが、
並木秀尊選手はその五十幡選手に50メートル走で勝つほどの俊足です!

さしずめ並木秀尊選手「“サニブラウンに勝った男”に勝った男」と言ったところでしょうか。

並木秀尊のプロフィール

名前:並木 秀尊(なみき ひでたか)
出身:埼玉県草加市
身長:170cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:草加市立川柳中学校→市立川口高校→獨協大学

並木秀尊の小中学時代

並木秀尊選手は小学生から中根ファイターズで野球を始めました。

川柳中を経て、市立川口高校(現・川口市立高校)に進学。

市立川口は甲子園に出場したことはない高校です。

OBには巨人でピッチャーとして活躍した斎藤雅樹さんがいます。

並木秀尊の高校時代

高校では1年秋からセンターレギュラーを獲得。

2年春夏埼玉県大会ではキャッチャーとしてプレー。

2年秋からは再びセンターに戻り、主に1番打者としてチームを引っ張りました。

3年夏の埼玉大会西武文理0対5で敗れ、3回戦敗退に終わっています。

高校卒業後は、並木選手は両親が教師だったこともあり、教職課程が取れて、通いやすいという理由で、首都大学リーグ2部に所属している獨協大学へと進学しました。

並木秀尊の大学時代

大学では1年秋から代走としてベンチ入り。

2年春からセンターのレギュラーを掴みます。

3年の春秋には2シーズン続けて打率.364を記録。

連続でベストナインにも選ばれました。

また、春にはリーグ最多の7つの盗塁を記録しています。

大学日本代表候補合宿

3年次の活躍が認められ、並木秀尊選手は3年冬に行われた大学日本代表候補合宿に召集されます。

合宿では紅白戦などの他に50メートル走の測定が行われました。

並木選手は俊足自慢の選手が多数いる中で、5秒32という圧倒的な速さでトップの数字を記録しました。

大学日本代表候補合宿が30日、松山の坊っちゃんスタジアムで始まった。紅白戦などが行われた後に50メートル走を測定。中大の五十幡亮汰外野手ら足自慢が居並ぶ中、首都大学野球3部・独協大の並木秀尊外野手が5秒32をマーク。五十幡の5秒42を上回った。手動計測のため、記録は参考ながら存分に快足をアピールした。

スポニチ

並木秀尊のプレースタイル

並木秀尊選手身長170cm小柄な超俊足外野手です。

高校時代までスイングが弱く、当てにいくような打撃でしたが、社会人野球の強豪・日本通運でも内野手として活躍した獨協大・亀田監督が、しっかりと振り切ることを意識させたことにより、バッティングに力強さが見られるようになってきました。

俊足を活かした守備も持ち味のひとつです。
肩は特別強いわけではありませんが、正確なスローイングで補殺を記録します。

並木秀尊のスカウト評価

ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク
「アップなどのランニングや走り方を見ていても光るものがあった

並木秀尊のまとめ

獨協大学からこれまで大学日本代表に選ばれた選手もドラフトで指名された選手もいません。

最近の野球界ではソフトバンク周東佑京選手の活躍などもあり、俊足の選手に目が向けられるようになっています。

並木秀尊選手には自慢の脚力を武器に、獨協大初の大学日本代表プロ野球選手を目指してほしいですね!