野球

鈴木昭汰(法政大)はドラフト候補のサウスポー!常総学院では3度甲子園に出場!

法政大学ドラフト候補・鈴木昭汰投手。

中学時代から日本代表を経験している世代を代表するサウスポーです。

常総学院時代にはエースとして春夏合わせて3度甲子園に出場。

大学入学後はやや伸び悩んだ時期もありましたが、大学3年生からは徐々に本来の力を発揮し始めています。

プロフィール

名前:鈴木 昭汰(すずき しょうた)
生年月日:1998年9月7日
出身:茨城県土浦市
身長:175cm
体重:80kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:土浦市立東小学校→土浦市立土浦第四中学校→常総学院高校→法政大学

小中学時代

鈴木投手は小学1年生から美浦ブレーブスで野球を始めました。

その後、小学3年生永国東ジャイアンツに移籍。

中学時代は土浦霞ケ浦ボーイズでプレーしています。

中学3年生の時にはU-15日本代表に選出され、藤平尚真投手(現・楽天)らとともにU-15アジアチャレンジマッチに出場しました。

高校時代

中学校卒業後は実家から歩いて5分ほどの距離にある常総学院高校に進学。

高校では1年秋からエースの座を獲得します。

1年秋茨城大会では優勝し、関東大会に進出!
関東大会でもベスト4に入り、翌年のセンバツ出場を確実としました。

2年春センバツでは、全3試合に先発。

準々決勝大阪桐蔭逆転負けしましたが、2勝を挙げ、14年ぶりのベスト8に大きく貢献しました。

2年夏茨城県大会は、4回戦東洋大牛久高校に敗れ、甲子園出場ならず。

2年秋茨城県大会関東大会では準優勝となり、再びセンバツに出場します。

しかし、3年春センバツでは初戦鹿児島実業戦先発して、8回9安打3四死球4奪三振4失点と振るわず、チームも2対6逆転負けを喫しました。

甲子園には夏の茨城大会を制し、3年夏にも出場。

3回戦では高校ナンバー1サウスポーと呼ばれていた寺島成輝投手(現・ヤクルト)のいた履正社と対戦し、7対4完投勝ち。

続く準々決勝秀岳館高校戦では連投の疲れから精彩を欠きます。

松尾大河選手(現・琉球ブルーオーシャンズ)、天本昂佑選手(現・日本文理大)にソロホームランを打たれ、3回4安打2四死球4奪三振2失点降板。

試合も1対4で敗れ、2年春に続いてベスト8に終わりました

関東左腕四天王

高校時代、鈴木投手は花咲徳栄高橋昂也投手(現・広島)二松学舎大付大江竜聖投手(現・巨人)木更津総合早川隆久投手(現・早大)らとともに「関東左腕四天王」と呼ばれ、スカウトから注目されていました。

しかし、大学でもっと力をつけてからプロ入りしたいと考え、プロ志望届を提出せず。

法政大学へと進学しました。

大学時代

大学では1年秋のリーグ戦でデビューを果たします。

しかし、大学のレベルの高さに苦しみ、3試合6回1/3を投げて防御率7.11と結果を残せませんでした。

さらに2年次のリーグ戦では春秋ともに登板なしに終わっています。

その後、3年春リーグ戦では4試合先発。

慶應大学との2回戦リーグ戦初勝利を記録します。

3年秋リーグ戦では7試合リリーフで登板。

0勝0敗、防御率0.56の好成績を残しています。

この活躍が認められ、3年生の冬には2020年ハーレムベースボールウィークに出場する大学日本代表選考合宿に召集されました。

大学の同期のチームメイトには高田孝一投手石川達也投手らがいます。

高田孝一投手についてはこちらを→高田孝一(法政大)は平塚学園出身のドラフト候補!大学日本代表でも活躍!

プレースタイル

鈴木投手は、ノーワインドアップから最速148km/hのストレートを投げるサウスポーです。

球速以上にノビのあるストレートが魅力。

変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブ、シュートなど。

憧れはソフトバンクの和田毅投手。
「おこがましいが、和田さんのようになりたい。だれがライバルというより大学生の左腕にはだれにも負けたくない。結果を残したい」

まとめ

鈴木投手は負けず嫌いプロ向きの性格です。

特に同級生の楽天・藤平尚真投手早大・早川隆久投手には強烈なライバル意識を持っています。

鈴木投手も素材としてはその二人に引けを取らないものを持っていると思うので、大学最終学年での活躍に期待したいですね。