野球

高田孝一(法政大)は平塚学園出身のドラフト候補!大学日本代表でも活躍!

法政大学ドラフト候補・高田孝一投手。

平塚学園時代にはエースとして1年秋の神奈川県大会を制するなど、早くから注目されていたピッチャーです。

法政大学に進学後も3年生から大学日本代表に選ばれるなど活躍を続けています。

プロフィール

名前:高田 孝一(たかだ こういち)
生年月日:1998年6月3日
出身:神奈川県綾瀬市
身長:183cm
体重:88kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:綾瀬市立綾北小学校→綾瀬市立北の台中学校→平塚学園→法政大学

小中学時代

高田投手は小学2年生から大上レッツフォアーズ軟式野球を始めました。

中学時代は軟式野球部に所属。

中学卒業後は、平塚学園に進学します。

高校時代

高校では1年夏から控えとしてベンチ入り。

1年夏神奈川県大会では2試合登板(先発1、リリーフ1)し、5回戦敗退。

1年秋からはエースの座を獲得します。

1年秋神奈川県大会では全8試合中6試合先発し、13年ぶりの優勝を達成!

準決勝では東海大相模・吉田凌投手(現・オリックス)と投げ合い延長12回2対1サヨナラ完投勝ちを記録しました。

続く関東大会では全2試合に先発し、ベスト8。

2年夏神奈川県大会ではベスト8。

望月惇志投手(現・阪神)のいた横浜創学館との5回戦では1安打完封の快投を演じ、望月投手を視察に訪れたスカウトに強烈な存在を示しました。


しかし、その後、不調に陥りいります。

一時は背番号10を背負うこともありましたが、3年夏神奈川県大会前にフォームを修正したことで復活!

初戦の秦野曽屋戦では7連続三振を奪うなどの好投を見せます。


しかし、5回戦日本大学高校3対5完投で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

大学時代

高校卒業後は、平塚学園の先輩である熊谷拓也投手(現・NTT東日本)の背中を追って法政大学に進学します。

大学では2年春リーグ戦から登板。

2年生ながら菅野秀哉投手(現・東京ガス)に次ぐ先発2番手として起用され、2勝1敗、防御率3.45の成績を残しました。

以後も先発リリーフに主力として活躍。

3年夏には大学代表に選出され、FISU世界大学野球選手権大会に出場!

2試合先発し、世界一に貢献しました。

3年秋リーグ戦では3勝0敗、防御率1.99の好成績を残しています。


大学の同期のチームメイトには鈴木昭汰投手、石川達也投手らがいます。

鈴木昭汰投手についてはこちらを→鈴木昭汰(法政大)はドラフト候補のサウスポー!常総学院では3度甲子園に出場!

プレースタイル

高田投手は身長183cm体重88kgの恵まれた体格を持つ右ピッチャーです。

ストレートの最速は3年秋に記録した150km/h。

変化球はスライダー、カットボール、フォーク、カーブなど。

遠投110m、50m6秒4。

まとめ

高田投手は高校大学の先輩である熊谷拓也投手によく似たタイプのピッチャーです。

熊谷投手はドラフトで指名の可能性がありながら、大卒時にはプロ志望届を提出せずNTT東日本に進んでいます。

果たして、大学最終学年の今年、高田投手はプロを志望するのでしょうか?

できれば、プロで活躍するところを見てみたいピッチャーですね。