増田陸(明秀日立)ドラフト候補の出身中学や成績は?打撃と守備に高評価!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2018年の選抜大会出場を決めている、明秀学園日立高校。
キャプテンを務める増田陸選手は、打撃センスが注目されている逸材です。
左右に長打を飛ばす力があり、2年秋の現時点で、高校通算17本塁打を記録しています。
また守備に関しても評価が高く、守備範囲の広さスローイングはセンスが感じられます。
中学時代には、華麗な守備が超中学級と評されていました。

名前:増田陸(ますだ りく)
出身地:大阪府大阪市
身長:178cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:遊撃手
経歴:大阪市立春日出中学校→明秀学園日立高校

 

中学生の頃は、「大阪福島リトルシニア」でプレーしていた増田選手。
シニアチームでは、プロ注目の強打者・野村大樹選手(早稲田実業)とチームメイトでした。
野村選手についてはこちら→野村大樹(早稲田)ドラフト進路やホームラン数!

明秀学園日立に進学すると、1年生からベンチ入り。
1年秋の関東1回戦に、1番・遊撃手として出場すると、ヒット1、盗塁1を記録しました。

打撃センスが評価されている増田選手ですが、元々は打撃が苦手だったと言います。
それに加え、明秀日立の打撃指導は、『軸足に体重を残して打つ』というものだったのですが、どうしても馴染めなかったそうです。
そこで監督と相談し、『前の足に軸を移して球を前で捉える』という打ち方に変えました。
その結果、打撃が開花。
2年春の関東地区大会では、打率5割越えでホームランも放つ活躍で、初優勝に貢献しました。

チームの方針に反した決断をしたことが功を奏しましたが、なかなか勇気が必要なことだと思います。
それを認めた監督さんも素晴らしいですね。

2年夏の茨城大会は、3番打者として計12打数3安打3打点を記録するも、4回戦で竜ケ崎に延長12回の末、サヨナラ負けを喫して甲子園出場はなりませんでした。

スポンサードリンク

〇キャプテン
新チームになると、昨秋の県大会から先発メンバーに名を連ねた経験を買われ、監督からの指名でキャプテンになります。
しかし、
「最初はどうしても自分本位な態度になってしまっていた」
と本人が言う通り、チームをまとめることができず、チームの状態が上がらずに、練習試合でも結果が出ませんでした。

それでも、
「自分が変わらなければ、チームも変わらない」
と、練習から周囲に気を配り、試合中も投手に積極的に声をかけるようにしたそうです。

するとチームは、秋季県大会で2年連続となる優勝を達成。
関東大会でも決勝で中央学院に敗れたものの、準優勝センバツ出場を確実なものにしました。

増田選手は、新チームでは1番・遊撃手を任せられ、関東大会では計20打数5安打ながら、2本のホームランを放つなどして6打点を記録しています。
夏予選、秋季関東大会ともに打率が低く、まだまだ荒削りですが、今後の成長に期待が持てる内容だと思います。

 

〇憧れは松田宣浩
監督曰く、
「イケイケの性格」
という増田選手。
参考にしているのが、松田宣浩選手(ソフトバンク)のプレイスタイルだそうです。
「プレーが熱いし、かっこいい。自分も気持ちでいくので」
と話します。

松田選手のような選手は、チームの雰囲気を決める大切な存在だと思います。
増田選手のプレー以外にも注目ですね。

ちなみに、DeNAの細川成也選手が2学年上の先輩で、弟の細川拓哉投手はチームメイトです。
成也選手を憧れと言っておかなくていいんでしょうかね?
成也選手についてはこちら→細川成也(DeNA)の中学高校は?
拓哉選手についてはこちら→細川拓哉(明秀日立)兄は細川成也!ドラフトは?

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ