土居豪人(松山聖陵)の読み方や出身中学は?球種球速や成績も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

2018年選抜大会に、四国地区代表として出場が濃厚な松山聖陵高校。
そこでエースナンバーを背負い、チームを牽引する土居豪人投手が、同校の先輩で2016年のドラフトで広島に入団した、アドゥワ誠投手に匹敵する逸材と言われています。

名前:土居豪人(どい ひでと)
出身:愛媛県宇和島市
身長:190cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
経歴:宇和島市立城東中学校→聖カタリナ学園高校→松山聖陵高校

中学時代は学校の軟式野球部でプレイしていました。
高校は、聖カタリナ学園に進学。
聖カタリナは元女子高で、土居投手が入学した2016年より、共学化(看護科を除く)した高校でした。
当然、硬式野球部も1年目です。
それが関係しているのか、理由は分かりませんでしたが、土居選手は1年の夏に転校しています。

転入したのが、現在通っている松山聖陵高校。
松山聖陵はこの年、アドゥワ誠投手を擁いて甲子園に出場していました。

高校野球の規定により、転入から1年間は試合に出ることができないため、土居投手がベンチ入りを果たしたのは、2年生の秋からです。
しかし、松山聖陵での初の公式戦となる、秋季愛媛県大会からエースを任されています。
すると5試合に登板し、うち4試合で先発して、全て完投する力投で県大会優勝に貢献しました。

県大会中予地区では聖カタリナ学園とも対戦しており、当時のチームメイトであり良きライバルだったという、新保雄太朗投手と投げ合い、逆転の末に勝利しています。
また、決勝・西条高校選では、1安打8奪三振1失点(自責点0)という、見事なピッチングを披露しました。

愛媛代表として挑んだ四国大会は、準決勝で明徳義塾に敗れ、ベスト4。
しかし2回戦・大手高松高戦で自己最速となる144km/hをマークするなどして、プロ注目もする存在となりました。

スポンサードリンク

〇投球スタイル
セットポジションから、長身を生かして投げ下ろす最速144km/hのストレートが軸。
常時140km/h前後をマークさせる力もあるようです。
追記:最速148km/h

しかしストレートで押すというより、変化球を織り交ぜたピッチングスタイル。
スライダーや緩いカーブ、チェンジアップ、フォークなどを内外角に散りばめた、粘りあるピッチングが持ち味です。

それだけに、課題のコントロールの克服が、全国の舞台でも活躍できるかがキーとなるのではないでしょうか。
今秋の大会では、計60回を投げて45四死球を記録しています。

松山聖陵の荷川取監督は、
「アドゥワと同じ手順で基本から教えている」
「2年秋時点でのフォームの完成度はアドゥワより上」
と言います。

上背はあるものの細身で、体もできていないことを考えると、今後の更なる成長は期待大です。
是非とも来春の選抜に選ばれて、全国の舞台で投球を見せてほしいです。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 12月11日

アーカイブ